なでしこジャパンPRESSBACK NUMBER

宿敵アメリカに完敗も悔いは無し。
なでしこは最後まで“らしかった”。 

text by

栗原正夫

栗原正夫Masao Kurihara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/07/06 17:00

宿敵アメリカに完敗も悔いは無し。なでしこは最後まで“らしかった”。<Number Web> photograph by AFLO

16分で4点差、観る者の多くが諦めた試合を最後まで諦めなかったのはピッチ上の選手達だった。二大会連続決勝進出は、偉業と呼ぶに十分な結果と言えるだろう。

 カナダ女子サッカーW杯は現地時間5日に決勝が行われ、日本代表「なでしこジャパン」(FIFAランク4位)は惜しくも2-5とアメリカ(同2位)に敗れ、連覇達成は夢と消えた。

 開始3分、最初のCKから最も警戒していたC・ロイドに先制弾を許すと、16分までにロイドにハットトリックを決められるなど4失点。27分には大儀見優季のゴールで1点を返し、52分には宮間あやのFKに途中出場の澤穂希が競り合い相手のオウンゴールを誘い一時は2点差に詰め寄ったが、最後はT・ヒースに再びリードを広げられる5点目のゴールを決められ万事休した。

 グループリーグから準決勝までの6試合をすべて1点差で勝ち上がってきたなでしこジャパンに対し、アメリカは第2戦以降の5試合を無失点で切り抜けてきた。

 過去の対戦成績は1勝6分け23敗(PK戦は引き分け扱い)と大きく負け越しているものの、'11年ドイツ大会決勝後は5試合で1勝2分け2敗と互角に近い成績を残しており、展開次第では十分に勝機を見出せるかに思われた。ただ、そのためになでしことしてはなんとしてもオープンな展開を避けて僅差の勝負に持ち込みたかったが、最初の失点があまりに早過ぎた。

 '11年ドイツW杯、'12年ロンドン五輪に続く、女子の世界大会では3大会連続の決勝同カードとなった日本とアメリカ。チケットは完売し、因縁の対決にバンクーバーのBCプレイス・スタジアムは5万人を超える大観衆で埋まった。もちろん、隣国アメリカのサポーターの姿が目立ち、なでしこにとってはアウェイ感を味わう一戦となったわけである。

セットプレーから2点、そして豪快に3点目を……。

 立ち上がりからアメリカは激しくプレッシャーをかけてきたものの、最初の2失点はいずれもセットプレーだった。開始3分にM・ラピノーの右CKに大外から中央に走り込んだロイドが合わせると、その直後にも右サイド深い位置からのFKに中央のロイド。CKとFKの違いはあれ、立て続けに同じような形からの2失点だった。

 いずれの場面でもロイドのマーク役となっていたのは岩清水梓。そして、14分にはヒースの右クロスを岩清水がエリア内でヘッドでクリアするも、高く浮いたボールは何とも中途半端となり、落下点に走り込んだL・ホリデーに豪快に蹴りこまれた。

【次ページ】 岩清水「想像以上のスピードでした」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
岩清水梓
大儀見優季
澤穂希
鮫島彩
なでしこジャパン
女子W杯

ページトップ