SCORE CARDBACK NUMBER

Gの新鋭、田口麗斗が二軍で気づいたこと。
~内海哲也の“もがき”を見て~
 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/06/22 10:30

6月2日、先発した田口。10代で交流戦に勝利を収めたのは、ジャイアンツ史上はじめて。

6月2日、先発した田口。10代で交流戦に勝利を収めたのは、ジャイアンツ史上はじめて。

 陽射しの強いジャイアンツ球場での練習後、彼は突然、こう言った。

「最近、反省していることがあって……」19歳のサウスポー、田口麗斗である。

「まだプロ2年目で、ピッチャーの中でも一番年下なのに、こっち(二軍)に落ちてきてから、試合で投げさせてもらうのを当たり前に感じてしまう時期があったんです。でも、初心を忘れちゃいけない。もう一度、一軍へ這い上がるんだという気持ちでやり直そうと思いました」

 広島新庄高時代、甲子園出場こそならなかったものの“東の松井(裕樹、桐光学園高~イーグルス)、西の田口”と称された逸材。4月11日、右肩痛の大竹寛の代役として抜擢された田口が成し遂げた“10代でのプロ初登板初勝利”は、ジャイアンツ史上7人目という快挙だった。彼はその後の1カ月、3試合に先発しながら勝ち星を挙げられず、5月5日に二軍行きを命じられる。しかし田口の心には挫折よりも手応えが残っていた。

「武器である右バッターのインコースへのストレートで見逃し三振を取れましたし、決め球に使ってきたタテのスライダーも、しっかり決まれば空振りが取れた。一軍ではすごく手応えを感じましたね」

内海の練習量を見て、意識が変わった。

 ローテーションの員数合わせを理由に一軍登録を抹消された田口は、だから「二軍で投げるのは当たり前」だと勘違いしてしまった。しかし、そんな田口に初心を思い起こさせたのが、二軍で誰よりも大きな声を出して練習に励む“ジャイアンツのエース”の姿だった。

「内海(哲也)さんでも、一軍へ上がるためにあんなに練習している。若い自分が全力で取り組む姿勢を大事にするのは当たり前だと気づいたんです」

 6月2日、首痛の菅野智之に代わって田口は急遽、バファローズ戦に先発。5回をゼロに抑えて、2勝目を挙げた。チームの緊急事態をまたも救いながら、その翌日、田口は二軍に落とされる。そんな不遇にも、今の田口には支えがあった。

「勝った直後、原(辰徳)監督に『調子が悪いなりに抑えて、いい結果につなげたな。次のチャンスはあるから、臆せず頑張れよ』と言ってもらいました」

 7月の終わりからジャイアンツは5週にわたる6連戦を戦わなければならない。山場となるこの30試合、19歳の田口の力が必要なときは、必ずやってくる。

関連コラム

言わせろ!ナンバー あなたのご意見を聞かせてください!
► ハリルジャパンのセットプレー、キッカーは誰がいい?

ページトップ