詳説日本野球研究BACK NUMBER

日本ハムの先発メンバーに異状アリ。
高校卒野手が並ぶ“壮大な実験中”。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/06/15 10:40

日本ハムの先発メンバーに異状アリ。高校卒野手が並ぶ“壮大な実験中”。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

5月30日の対中日戦、ライト越えのタイムリー二塁打を放ち、ガッツポーズをする日本ハム・浅間大基。横浜高校からドラ3入団の18歳ルーキーは、6月9日現在、72打席に立ち.279と安定した打率を誇る。

 日本ハムの野手の構成がもの凄いことになっている。多くの試合で、外国人のハーミッダとレアード以外が高校卒野手で占められているのだ。たとえば、開幕ゲームの楽天戦は次のようなスターティングメンバーだった。

1番・左翼手  西川遥輝(智弁和歌山高・23歳)
2番・二塁手  田中賢介(東福岡高→メジャー2年・34歳)
3番・中堅手  陽 岱鋼(福岡第一高・28歳)
4番・一塁手  中田 翔(大阪桐蔭高・26歳)
5番・右翼手  ハーミッダ
6番・三塁手  レアード
7番・捕手   近藤健介(横浜高・22歳)
8番・指名代打 谷口雄也(愛工大名電高・23歳)
9番・遊撃手  中島卓也(福岡工高・24歳)

 このスタメンに大学卒、社会人出身は1人もいない。

生え抜きの高校卒だけで先発7人を占めることも。

 台湾出身の陽が別だというなら4月7日の西武戦はどうだ。開幕戦のスタメン、西川、田中、中田、谷口、中島は変らず、陽、近藤の代わりに大谷翔平(指名代打・花巻高東・21歳)、石川亮(捕手・帝京高・20歳)が入り、谷口は中堅に回っている。

 いやいや、田中賢介は2年間渡米したカムバック組なので純粋な生え抜きではない、という人には5月16日のオリックス戦を見てほしい。田中抜きでも“生え抜きの”高校卒7人がスタメンに並んだのだ。

 1番西川(左翼手) 2番中島(遊撃手) 3番近藤(捕手) 4番中田(一塁手) 5番ハーミッダ(指名代打) 6番谷口(右翼手) 7番レアード(三塁手) 8番浅間大基(中堅手・横浜高・19歳) 9番杉谷拳士(二塁手・帝京高・24歳)

 たまたまこんなメンバーが揃った日だけを持ってきたわけではない。陽、田中を除いた生え抜きの日本人7人がスタメンに並ぶのは、5月16日から6月9日までにすでに5回あった。ちなみに、日本ハムの中で規定打席に到達しているのは、近藤(捕手)、西川(左翼手)、中島(遊撃手)、田中(二塁手)、中田(一塁手)、レアード(三塁手)の6人だ。

【次ページ】 球界全体を見ても、高校卒野手はトレンドに。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
北海道日本ハムファイターズ
西川遥輝
田中賢介
陽岱鋼
中田翔
近藤健介
谷口雄也
中島卓也
浅間大基

ページトップ