eスポーツは黒船となるかBACK NUMBER

プロゲーマーのなり方、育て方。
日本初の完全給与制チームを直撃! 

text by

八木葱

八木葱Negi Yagi

PROFILE

photograph bySports Graphic Number/SANKO.inc

posted2015/06/12 10:40

プロゲーマーのなり方、育て方。日本初の完全給与制チームを直撃!<Number Web> photograph by Sports Graphic Number/SANKO.inc

日本初の完全プロゲーミングチーム『DetonatioN Focus Me』のメンバーたち。普段と試合中の表情のギャップに驚かされる。

 プロゲーマー、という言葉を知っているだろうか。

「そういえばテレビでやってた」

「ギネスブックに載った人いたよね」

 最近ではメディアの報道も増えたため、聞いたことがある、という人も増えていると思う。

 では実際の彼らについて、どんなことを知っているだろう?

 大会に出て賞金を稼いだり、スポンサー企業からの支援で海外へ遠征したり。

 海外では年収1億円を超える人がいたり、憧れの職業の上位だったり。

 そしてもちろん、ゲームはとんでもなく上手い。

 もしこれ以上のことを知っているとしたら、あなたはかなりのゲーム通なはずだ。しかし、実はこれらはどれも、彼らがプロゲーマーになった“後”の話である。果たして彼らは、どのようにしてプロゲーマーになり、そしてそのことをどう思っているのだろうか。

 こんな疑問をぶつけるのに最適なチームが、日本に実はある。

 ゲーム『League of Legends(以下LoL)』のプロチームであり、2015年の1月から日本で初めてフルタイム・完全給与制で活動している『DetonatioN FocusMe(以下DFM)』。チームに所属する選手、コーチ、マネージャーらが共同生活するゲーミングハウスを千葉に訪ねた。

 ゲーミングハウスとは、ゲームをすることを最優先に考えられた家で、最新のPC機器や集中を妨げないための椅子といった設備に加え、調理スタッフや戦略コーチなどが同居する、いわば“ゲームの寮”。DFMには7人の選手が所属しているが、そのうちの6人がここで生活しながら日々練習に励んでいる。

海外育ち、外国人を含む国際色豊かなメンバーたち。

 まずは、選手7人とコーチのプロフィールを簡単に紹介しよう。

BonziN 24歳 愛知県生まれ。一人っ子が多いDFMで珍しい三兄弟の長男。チーム最年長。

Ceros 21歳 兵庫県生まれ。LoL以前にも複数のゲームで大会優勝経験を持つ生粋の競技型ゲーマー。

Yumenoti 21歳 北海道生まれ。「極める」ということに並々ならぬ興味を持つ学究肌。

Astarore 21歳 東京都生まれ。対人ゲームが好きなメンバーが多い中で、『モンスターハンター』などの協力プレーも好きという雑食ゲーマー。

Yutapon 18歳 愛知県生まれ。大学生とプロゲーマーの両立を目指し、唯一ゲーミングハウスに入らず生活している。

Hwang 23歳 韓国・ソウル生まれ。大学を休学してプロに。モデル経験もある美形担当。

Rokenia 19歳 韓国・ウルサン生まれ。こちらも大学を休学してプロに。大学では看板のデザイナーを目指していた。

Kazu 21歳 フランス・パリ生まれ。選手兼コーチとして、実際のプレーと戦略面で他のメンバーを支えるチームの頭脳。

 年齢は18歳~24歳、2人の韓国人の他にも、BonziNはドイツ、アメリカでの生活が長く、Kazuは20歳までフランスで育つなど、国際色が豊かだ。日本的な土壌、とは違った環境で育ったからこそ、彼らは初めての完全プロチームメンバーとなれたのだろうか。

 それでは早速彼らに質問をぶつけて行こう。

【次ページ】 初めて遊んだゲーム、家庭の厳しさは?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/6ページ
関連キーワード
eスポーツ
League of Legends

ページトップ