野球善哉BACK NUMBER

生意気? 柔和? それとも野性味?
DeNA・山崎康晃の反骨心と最終形。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/05/19 10:40

生意気? 柔和? それとも野性味?DeNA・山崎康晃の反骨心と最終形。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

マウンドへ向かう時も、投げている時も、山崎康晃は表情豊かだ。スターになる気配を身にまとった選手である。

 笑顔の裏に、確固たる芯の強さを隠し持っている。

 DeNAのルーキー・山崎康晃のことだ。

 クローザーとして、すでに22試合に登板。プロ野球の新人記録となる9試合連続セーブを達成、16Sはリーグトップの数字だ。首位をひた走る好調DeNAを支える選手の1人といって間違いない。

 ファンサービスにはできる限り協力し、取材対応でも笑顔を絶やさない。いわば、スーパースターの片りんを漂わせている選手といえる。

 アマチュア時代にも何度か取材したことがあったが、そのころから感じていたのは、その芯の強さだった。山崎は当時、このような言葉を発していたものだ。

「今までの人生で、これでダメだと思って諦めたことはないです。たったの一度も」

 帝京高時代は1年春からベンチ入りしながら、2年時から1学年下の怪物・伊藤拓郎(元DeNA)の陰に隠れ、2度の甲子園出場は途中登板のみという不遇の日々を過ごした。最後の夏こそ背番号1を背負ったものの、それも伊藤の不調が理由であり、さらに最後の夏は甲子園出場を逃している。

 大学時代は1学年上の久里亜蓮(広島)、2学年上の東浜巨(ソフトバンク)を追いかける日々だった。

 3年秋の明治神宮大会で胴上げ投手になり一気に株を上げたが、大学4年の1年間は満足の行くシーズンを送れなかった。

フィリピン人の母を故郷に連れて行く、という夢。

 その苦しみがあったから今の成績があるのだろうが、苦しい期間を耐えた反骨心の裏には果たしたい夢がある。

「自分のお母さんはフィリピン人なんですけど、ずっと1人で僕を育ててくれて、一度もフィリピンに帰っていない。お母さんをフィリピンに連れていきたいんです。それが夢です。苦労をかけたお母さんを一度フィリピンに帰らせてあげたいんです」

 試合を離れると柔和な表情を見せる山崎だが、マウンドで魅せる姿は相手に食ってかかるかのような形相だ。獲物を捕まえる獣のような鋭い眼光は、彼の意志の強さを物語っている。

【次ページ】 「生意気」と「芯の強さ」、紙一重の魅力。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
横浜DeNAベイスターズ
山崎康晃
中畑清
高田繁

ページトップ