サッカーの尻尾BACK NUMBER

最大の拍手は、イニエスタのために。
CL4強進出のバルサ、現在絶好調。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/04/22 11:30

最大の拍手は、イニエスタのために。CL4強進出のバルサ、現在絶好調。<Number Web> photograph by AFLO

カンテラからの生え抜きであり、バルセロナの全盛期から中心選手であるイニエスタ。ファンの彼に対する愛情と信頼にはやはり特別なものがあるのだろう。

 試合後のセンターサークルで、ネイマールはイブラヒモビッチとユニフォームを交換していた。

 大きなスウェーデン人を見上げながら何かを語りかけ、ピッチを去っていく。褐色の頬に浮かぶのは充実の表情だ。

 バルセロナがCL準決勝に進出するのは、ここ10年間で8度目のこと。準決勝の常連とも言えるバルサがみせたのは、逆転を狙うPSGをまったく寄せ付けない凄みだった。

 2-0で勝利した試合の全得点を決めた主役は微笑む。

「自分のゴールで勝利に貢献できて嬉しい。今のバルサは今シーズン最高の状態にある」

 CL、リーガ、国王杯の3冠を狙うバルサに、今ピークが訪れようとしている。

この日、誰よりもカンプノウを沸かせたイニエスタ。

 第1戦での結果がアウェーで3-1の勝利だったこともあり、バルサは突破をほぼ手中にしていた。

 しかしルイス・エンリケは、彼が今季の基本とするベストメンバーをピッチに並べた。前線には、チームの看板でもあるメッシ、スアレス、ネイマールのトリデンテ。ルイス・エンリケのバルサを象徴する3人だ。

 しかし前半のカンプノウを最も沸かせたのは、彼らではなかった。今季一番のプレーをみせた、アンドレス・イニエスタである。

 ネイマールの先制点を生んだ、前半13分のプレーは圧巻だった。

 中盤でするすると3人をかわし、エリア手前でネイマールへラストパスを通す。

「1点目はすべてイニエスタがやってくれた。僕はゴールキーパーをかわして流し込むだけだった」とネイマール。観衆は得点者よりもアシスト役に喝采を送った。

【次ページ】 バルサのサッカーが変わり、イニエスタも苦しんでいた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ネイマール
バルセロナ

ページトップ