野球クロスロードBACK NUMBER

オープン戦初登板のロッテ・田中英祐。
「脱・京大」のために必要なものは? 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/03/12 11:50

オープン戦初登板のロッテ・田中英祐。「脱・京大」のために必要なものは?<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

QVCマリンフィールドの強い風について田中は「もっと強い日もある。対策を練りたい」と語っていた。

 京都大出身の実力やいかに。

 ロッテにドラフト2位で入団した「話題の男」。田中英祐が、3月11日の中日戦でオープン戦初登板を果たした。

 2月22日の広島との練習試合で2回を無失点、3奪三振と好投した以来となるマウンド。26日の登板が雨で流れ、3月頭には卒業論文の発表で3日ほど離脱したとはいえ、チームのローテーション6枠の最後の1枠を争う身としては登板間隔が空きすぎている。この日にしても当初は先発予定だったが、前日の試合が雨で流れたことにより涌井秀章がスライド。急遽、2番手の登板になるなど厳しい条件が並んだ。

 本拠地のマウンドも初である。QVCマリンフィールドは、強風で新参者を苦しめることでも有名なスタジアムだ。

 この日の風速は8m。なかなかの強さと言えるだろう。そしてその風は、気まぐれに四方八方へ吹き荒れる。

田中の本拠地初登板は、不安定さを露呈するものに。

「すごい強い風で、自分に向かってくる印象でした。変化球の曲がりが大きくなりますし、ボールが抜けると大きく抜けてしまったり。キャッチャーに乗って行きにくいボールもあったんで。故に、いい体重移動をどうできるか、と考えながら投げましたけど……」

 歯切れよく話してはいても、田中の表情は曇っていた。

 自分のピッチングができなかった。そう言い切れるわけではないが、満足のいく投球ができたかといえばそうではなかった。

 涌井の後を受けて6回からマウンドに上がり、先頭の9番・井領雅貴を145kmのストレートでレフトフライに打ち取ると、続く1番の藤井淳志は得意のスライダーで空振り三振に仕留めた。上々の立ち上がりかと思えば、2番の亀澤恭平にストレートの四球。この回は4人で抑えたが内容には不満が残った。

 7回は不安定さが露骨に現れた。

 先頭の4番・福田永将から3連打を浴び、満塁から押し出しの四球、犠牲フライで2点を献上。9番の井領を再びスライダーで空振り三振に打ち取ったが、続く藤井の左中間への強い打球は、センター・荻野貴司のダイビングキャッチに助けられた。

【次ページ】 田中が反省していた、投球フォームの問題。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
千葉ロッテマリーンズ
田中英祐
伊東勤

ページトップ