Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<急成長する2人のなでしこ> 山根恵里奈&菅澤優衣香 「同級生でW杯の舞台へ」 

text by

粕川哲男

粕川哲男Tetsuo Kasukawa

PROFILE

photograph byTaiji Yamazaki

posted2015/03/03 11:50

<急成長する2人のなでしこ> 山根恵里奈&菅澤優衣香 「同級生でW杯の舞台へ」<Number Web> photograph by Taiji Yamazaki
世界屈指の高さを誇るGK、昨年のリーグ得点王を獲得したFW。
連覇を狙うために必要な新戦力として、頭角を現した彼女たち。
JFAアカデミー出身の同い年の2人が、共にW杯初出場を狙う。

 カナダW杯で連覇を狙うなでしこジャパン。本番まで残り3カ月となったいま、2大会連続でチームを率いる佐々木則夫監督が望むのは新戦力の台頭だろう。

 DF岩清水梓、MF宮間あや、FW大儀見優季など、前回大会で世界一を勝ち取ったメンバーが各ポジションに揃うのは強みだが、さらなる進化なくして再びの頂点は見えてこない。アメリカ、ドイツ、フランスといった強豪に追われるなかで女王の座を守るためには、経験ある選手と新たな戦力の融合によるレベルアップが不可欠だ。

 世界屈指の高さを誇る身長187cmのGK山根恵里奈。フィジカルの強さを武器に昨季のなでしこリーグ得点王に輝いたFW菅澤優衣香。成長著しい同級生の2人は、なでしこに新風を吹き込む可能性を秘めている。

山根は昔から自分の高さが「大っ嫌い。ムダ!」。

 小学3年生のときにボールを蹴り始めた山根は、中学に上がる頃には既に関係者の注目を集める選手となっていた。日本サッカー協会(JFA)が未来のなでしこGKを育成する目的で立ち上げた「スーパー少女プロジェクト」に選ばれたのは、13歳のとき。地元広島のクラブではDFをしていたが、高さを買われてGKに転向した。

 中学を卒業すると、福島県のJヴィレッジを拠点としたエリート養成機関であるJFAアカデミーに1期生で入学。中学3年間で21cm伸びた身長は、その頃には184cmに達していた。日本の弱点である高さを補える逸材への期待は大きく、専門のスタッフが規格外の大型GKをサポートした。

 ただし本人は、昔から自分の高さが「大っ嫌い。ムダ!」と吐き捨てる。

「一つの武器であり、大きなコンプレックスです。高くていいと感じたことは一度もありません。デカいだけと思われるのが嫌だし、それを打ち破れない自分が悪いとは思うんですけど……。プレーしているとき、『それ届いちゃう?』みたいな感じで会場がざわめくのは気持ちいいですが、日常生活では永遠に嫌い。だって、商品棚の上に頭が出ちゃうんですよ。探してたのは向こうの列かって見えちゃうんですから」

 そうは言っても山根は、その高さを前面に出したプレーで階段を駆け上がってきた。'08年にはU-20W杯に出場し、'10年には代表デビューも飾った。「あれはオマケ」と謙遜するが、ゴール前で放つ存在感は経験を重ねるごとに膨らんでいった。

【次ページ】 東京電力社員であるまえに「サッカーをやってる子」。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
山根恵里奈
菅澤優衣香
なでしこジャパン
女子サッカー

ページトップ