ひとりFBI ~Football Bereau of Investigation~BACK NUMBER

日本が呼べる限界は「過去の名将」!?
代表監督をJの実績で選ぶという話。 

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/02/19 10:50

日本が呼べる限界は「過去の名将」!?代表監督をJの実績で選ぶという話。<Number Web> photograph by AFLO

2014年W杯でブラジルを最後まで苦しめ、その勇敢な戦いぶりに国内で一躍ヒーローとなったチリのホルヘ・サンパオリ監督。やはり国内リーグでの実績は重要?

 やっぱ「同胞」でしょ!?

 いまだに、このジンクスが生きている。ワールドカップの優勝監督だ。事実、昨年のブラジル大会を制したドイツの指揮官ヨアヒム・レーブも生粋のドイツ人だった。蛇足ながら、準優勝のアルゼンチンも、3位のオランダも、4位のブラジルも、指揮官は同胞だ。代表では外国人監督の登用が認められているが、実に80年を越える大会史の中で外国人の優勝監督は一人もいない。

 だから外国人監督はアカン、そろそろ日本人監督でよくね?

 いや、そういう具合に話をもっていきたいわけじゃない。優先すべきは、やっぱ「国籍より手腕」でしょう、どう考えても。

 そろそろ日本人で――という主張は、「その手の人材がいるじゃん」という信憑が先にあって初めて筋の通る話のような気がする。そして、まだまだ外国人で――という主張にも全く同じことが言えるわけで。日本人か、外国人か――という問いの立て方から離れ(ま、誰もそんな問いを立てちゃいないでしょうが)別のアングルから日本代表に必要な「辣腕」を考えてみた方がよろしいんじゃないかと。

「世界レベルの実績」は本当に必須要件か?

 例えば、こんな問いである。

 欧州リーグの実績か、ワールドカップの経歴か?

 過去2回の監督人事における要件は「トップレベルにおける実績」だった。具体的には欧州の主要リーグ、もしくはワールドカップ本大会での実績である。この2つに最も高い優先順位が置かれていた。これらの条件に従って招聘したのがイタリア人のアルベルト・ザッケローニであり、メキシコ人のハビエル・アギーレだった。結果は? 前者は「集大成」のブラジル大会でグループステージ敗退の憂き目に遭い、後者は「8強止まり」に終わったアジアカップの後に退任している。

 果たして「世界レベルの実績」は必須の要件なのか?

【次ページ】 ザックの「実績」の賞味期限はどうだったのか。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ

ページトップ