Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<日本サッカーはなぜ弱くなったのか> 決定力不足は永遠に続くのか? 

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2015/02/12 11:30

<日本サッカーはなぜ弱くなったのか> 決定力不足は永遠に続くのか?<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi
UAE戦で放ったシュートは35本。得点はわずか1。
日本の前に再び立ちはだかった“決定力不足”の壁。
代表の攻撃パターンを分析し、問題点を明らかにする。

 決定力が、足りない。先のアジアカップで連覇を逃した日本代表の、敗因の一つとみていい。

 そもそも、決定力とは何か。ここであらためて定義してみたい。乱暴に言うなら、「決めるべき時に決める力」である。さらに踏み込めば、こうなるだろうか。

“正確にシュートを打てば、得点になる確率が極めて高いと思われる状況で、確実にゴールネットを揺らす力”

 俗に言う、決定機を確実にモノにする力というわけだ。そうした力があるか否か、とは、詰まるところ、シュートを打つ主体(個人)の問題になる。

 決定機の創出はチーム全体で分担できるが、最後のシュートばかりは特定の個人が引き受けるほかないからだ。PK戦の末に敗れた準々決勝(対UAE)では「決めるべき人」が、決定機を逃している。

日本の枠内シュート率は、アジアのライバルに劣った。

 個人的な見解ながら、UAE戦における日本の決定機は3度。乾貴士、武藤嘉紀、豊田陽平が、エリア内で完全にフリーとなり、右からのクロスをヘッドで狙った場面である。乾のシュートはGKの正面を突き、武藤のシュートはゴール左に外れ、豊田のシュートはポスト右に外れていった。

 3度の決定機で、枠内に飛んだシュートは乾の1本。明らかにシュートの質に問題があった。AFC(アジア・サッカー連盟)の公式記録によれば、UAE戦の総シュート数は実に35本。うち、枠内シュートの数は、たったの8本だった。枠内に飛ぶ確率は、22.8%である。

 ちなみに、今大会における日本の1試合平均の枠内シュート率は44.1%。ベスト4に勝ち進んだ韓国(59.2%)、オーストラリア(50%)、イラク(48.8%)の3カ国のそれを下回る。シュートを枠内に飛ばす力量は、アジアのライバルたちに見劣りするものだった。

 日本の「決めるべき者」の一人に数えられる本田圭佑は今大会において3ゴールをマークしたものの、決定機を逃す場面が目に付いた。また、本田同様にゴールを期待された岡崎慎司、香川真司には、そもそも決定機をつかむ場面が少なかった。

【次ページ】 本田、岡崎、香川以外の面々の決定力不足も露見。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
乾貴士
武藤嘉紀
豊田陽平
本田圭佑
香川真司
岡崎慎司
アジアカップ

ページトップ