NumberEYESBACK NUMBER

混迷続くバルサが見せた、強敵への快勝の意味とは。
~メッシ騒動も最強3トップに託す~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/01/30 10:00

混迷続くバルサが見せた、強敵への快勝の意味とは。~メッシ騒動も最強3トップに託す~<Number Web> photograph by AFLO

得点数はメッシが2位、ネイマールが3位に。首位のレアルを猛追。

 バルセロナの2015年が慌ただしく幕を開けた。

 ネイマール移籍に関する不正疑惑と、ロセイ前会長辞任、さらにはFIFAの補強禁止処分など昨今のバルサは波乱続き。「今年こそいい年にしたい」(イニエスタ)というのは皆の願いでもあった。

 しかしバルサを巡るゴタゴタは年が明けても続いた。新年最初のソシエダ戦で敗れると、補強で失敗が続き批判を浴びていたSD、アンドニ・スビサレタが解任され、彼の下で働いていたカルレス・プジョルも辞任。バルトメウ会長は今夏に会長選を行なうと発表した。

一斉に報じられたルイス・エンリケとメッシの確執。

 そして極めつきはメッシ騒動だ。

 敗れたソシエダ戦で、ルイス・エンリケ監督はメッシをベンチに置いた。他の選手よりも長く休暇を取っていたからだが、それを受け入れられないメッシが不満をもらした、というものだ。メディアはすぐに両者を対立させる一面を作成した。

“亀裂。メッシとエンリケは一切話さない”(『スポルト』)

“メッシと会長が極秘会談。指揮官の解任を決定”(『TV3』)

 同週、メッシは体調不良を理由に、少年たちに見せる予定だった公開練習を欠席している。その日の午後に彼が『インスタグラム』でチェルシー、フィリペ・ルイス、ティボウ・クルトワの3アカウントをフォローしたこともあり、移籍報道も過熱することになった。

アトレティコ戦で見せた“今季一番のバルサ”。

 出所がレアル・マドリー寄りのメディア『マルカ』や『AS』であれば分かるが、本来ならバルサの提灯持ちである『スポルト』や、クラブスポンサーの『TV3』がメッシと指揮官の亀裂を煽ったこともあり、今年最初の大一番であるアトレティコ戦を前に、地元ファンの不安は広がっていった。

 しかしそんな状況でバルサは今季一番の内容でアトレティコを蹴散らしたのだから面白い。昨季一度も勝つことができず、苦手意識のあった相手に快勝。渦中のメッシもかつてのキレを披露し、ネイマールとスアレスの2得点をお膳立て。最後は自らも決め、1得点1アシストという大活躍を見せ懐疑的だったメディアを黙らせた。

【次ページ】 メッシ、ネイマール、スアレスを活かすのが最善手。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
バルセロナ
リオネル・メッシ
ルイス・エンリケ

ページトップ