ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

なぜ岡崎は課題ばかり口にするのか。
「ハングリー」と「しつこさ」の関係。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2015/01/23 10:40

ブンデスリーガの得点ランキングで岡崎慎司よりも上にいるのは、マイアー、ロッベン、チョウポ・モティンクの3人のみ。レバンドフスキよりも、ミュラーよりも、フンテラールよりも上なのだ。

ブンデスリーガの得点ランキングで岡崎慎司よりも上にいるのは、マイアー、ロッベン、チョウポ・モティンクの3人のみ。レバンドフスキよりも、ミュラーよりも、フンテラールよりも上なのだ。

 お金がない家庭に育たなくても、親と離別するなど壮絶な生い立ちではなくとも、食べるものに困らなくとも、ハングリー精神は養える。

 それを教えてくれるのが岡崎慎司なのではないだろうか。

 岡崎は、日本を離れて4年になる。シュツットガルトでの最後のシーズンを除けば、ヨーロッパで順調なステップを踏んでいる。

 ただ、2014年の年末のこと。マインツでのブンデスリーガ前半戦が終わる直前に、岡崎はこんなことを話していた。

「昨シーズンの15点というのは(1試合に)2点ばかりとって、良い時はいいけど、悪い時は悪いみたいな感じで終わったんです。でも、今シーズン(前半戦)の8点は間隔があまりあかなかった。それに(1試合に)1点とかも多いし。そういう意味ではムラがなくなっていると思います」

「一生、満足しないで終わると思うんです」

 前半戦16試合に出場して8ゴールという成績は、十分に満足できるものであるかに思える。33試合出場15ゴールという、日本人のヨーロッパ主要リーグのシーズン最多ゴール記録を樹立した昨シーズンを上回るペースでゴールを重ねているのだから。

 ただ、岡崎は冷静に自分のことを振り返っている。

「今は『なんとか、一皮むけないとなぁ』という感じです。昨シーズンの延長でゴールをとれている感じですけど、やっぱり、チームが上手くいかないときに、自分に何が出来るかが大事だと思うんですよ。それがまだ出来ていない。結局、W杯ではそれが大事だったわけじゃないですか? それが今の自分の目標すかね。

 自分に何が起こせるか。それにはまだ至っていないから。あくまでもゴールをとるのがオレの仕事なので、それを頑張ることは出来ると思うんです」

 そこまで話すと、「でも……」と岡崎は続けた。

「ただ頑張るだけじゃなくて、結果も内容も良くしていかないといけない。たぶん、どんなときでも『あの場面では、もっとこうすれば良かったのに』と思ったりして、一生、満足しないで終わると思うんです」

【次ページ】 評価が上がっても、なぜ課題ばかりを口にするのか。

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ