セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

インザーギ、モンテッラ、ストラマ。
アラフォー監督たちの「出世競争」。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/12/25 10:50

インザーギ、モンテッラ、ストラマ。アラフォー監督たちの「出世競争」。<Number Web> photograph by AFLO

アラフォー監督3人にディ・フランチェスコ(左)を加えた4人は、戦術談義に花を咲かせた。

 イタリア中がクリスマス気分に浮かれていた12月中旬、代表監督コンテの呼びかけによる異例のセリエA監督会合が、ミラノで行なわれた。

 来年2月のFIFAカレンダーにない代表合宿への選手派遣要請をめぐって、異を唱える首位ユベントスのアッレグリらが、コンテと丁々発止のやり取りをする傍らで、席を近くした3人の若手監督たちは、シーズン後半戦を見据え、積極的に意見交換を交わしていた。

 '73年生まれのインザーギ(ミラン)に、'74年組のモンテッラ(フィオレンティーナ)、そしてリーグ最年少の'76年組ストラマッチョーニ(ウディネーゼ)の“アラフォー監督”3人は、今季のセリエA前半戦にあって、それぞれが独自の存在感を放った。

モンテッラは現役時代のイメージと裏腹に、職人肌。

 フィレンツェのクラブを率いて3年目のモンテッラは、奔放なストライカーに見えた現役時代のイメージとは裏腹に、緻密な戦術指導で知られる。今季も相次ぐ故障者に泣かされながら、2年連続でELグループリーグ首位突破を果たした。

 エースFWロッシは長期離脱中で、快足MFクアドラドもモチベーション低下で調子を落とす中、指揮官は21歳のFWババカルやU-21イタリア代表MFベルナルデスキといった期待の若手アタッカーを鍛え上げている。その一方で、4年前のブンデスリーガ得点王の再生に腐心することも忘れない。

 モンテッラは、アウェーでの13節カリアリ戦で、今季ノーゴールだったFWマリオ・ゴメスへキャプテンマークを与えた。今年春に負った膝の故障で、ゴメスはブラジルW杯行きを逃し、今季開幕後も再度太ももを痛めていた。

“悔恨や不運をゴールで乗り越えろ”という指揮官のメッセージを受け取ったゴメスは、4-0で大勝したゲームの3点目を豪快に突き刺し、「ようやく肩の大きな重しが取れた」と、260日ぶりのゴールに安堵の表情を見せた。

 現場をひたすら重視し、手持ちの戦力のやりくりに冴えを見せるモンテッラは、若くして職人肌の指導者だといえる。

【次ページ】 「インザーギときたら、ここ2カ月でめっきり老けた」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
フィリッポ・インザーギ
カルロ・アンチェロッティ
アンドレア・ストラマッチョーニ

ページトップ