プロ野球亭日乗BACK NUMBER

オオタニはメジャーでエースの器!
日米野球で証明されたその“真価”。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2014/11/27 11:00

オオタニはメジャーでエースの器!日米野球で証明されたその“真価”。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

札幌ドームで開催された日米野球第5戦に先発登板。4回68球を投げ6安打2失点だったが、7つの三振を奪取。直球主体のパワーピッチで、「日本に大谷あり」をメジャーに印象づけた。

 あまり大きく取り上げられなかったが、ちょっと衝撃的な証言だった。

 このほど行なわれた日米野球の第5戦が終わった札幌ドーム。試合を終えて三々五々、球場から出てきたメジャーリーガーたちの取材をしていたときだった。

 ある米国人記者から、広島の前田健太投手、オリックスの金子千尋投手そして日本ハムの大谷翔平投手を比較してこんな質問が飛んだ。

「マエダ、カネコ、オオタニ……この中で一番凄いと思ったピッチャーは誰だった?」

 質問を受けたのはカンザスシティー・ロイヤルズのアルシデス・エスコバー内野手だ。エスコバーはこの質問にほんのすこしだけ目線を上げて考える素振りを見せたが、すぐにこんな答えを返してきた。

「3人の中で一番タフだったのは……オオタニだな」

 沖縄で改めてその理由を確認すると、エスコバーは至極当然という風にこう話していた。

「マエダもカネコも非常にいい投手だ。特に2人のスライダーのキレは、メジャーでも決め球として使えるボールだと思う。ただ、大谷は荒削りだけど、ストレートの威力がある。強いボールを投げられるというのがメジャーでチームの中心を担う投手に求められることだからね。彼はまだ若いし、これから成長していけば、もっとすごい投手になる。今でもあのストレートは十分にタフだと思うよ」

「通用する」を超えた大谷のスケール。

 もちろん前田や金子もメジャーにいっても十分に通用する、というのはお世辞抜きの言葉だと思う。ただ、エスコバーが大谷に見たのは「メジャーで通用する」というだけではなかったのだ。エースとなり得るスケールの素材ということだ。だから一番タフなのは、「オオタニ」だったわけである。

 前回、このコラムでも書いたように、国際試合でデビューを飾った大谷に対してのメジャーの注目度は、一気にヒートアップした感がある。

【次ページ】 先発した第5戦で見せた「ジキルとハイド」の顔。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
大谷翔平
前田健太
金子千尋

ページトップ