REVERSE ANGLEBACK NUMBER

不条理か、「神の見えざる手」か。
MLBポストシーズンでの“ある判定”。 

text by

阿部珠樹

阿部珠樹Tamaki Abe

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/10/16 10:30

不条理か、「神の見えざる手」か。MLBポストシーズンでの“ある判定”。<Number Web> photograph by Getty Images

7回の危機を乗り切り、ガッツポーズを見せるマディソン・バムガーナー。ポストシーズン敵地連続無失点のメジャー記録を打ち立てた。

 ポストシーズンの試合になると、日本でもアメリカでも「1球の重さ」といった話がさかんに出てくる。

 日本のCSファーストステージ第1戦では、セ・リーグでもパ・リーグでも印象的な1球があった。タイガースとカープの試合では中4日で好投していた前田健太が、福留孝介のソロ1発に沈んだ。パ・リーグでは6回裏のバファローズの攻撃を、ファイターズのライト西川遥輝が好返球で走者を刺して勝ち越しを防いだ。バファローズは強力なリリーフを持っているので、勝ち越していたら試合展開は大きく違っていただろう。

 ホームランや好返球といった称賛される「1球の重さ」なら見ている者は納得できる。しかし、メジャーのナショナルリーグ優勝決定シリーズ第1戦の1球はかなり複雑な味わいのプレーだった。

明らかにベンチは不満そうだった。

 3点リードされて迎えた7回裏、ホームのカーディナルスは2死二、三塁という好機を迎える。攻め立てるカーディナルスは代打にトニー・クルーズを送った。好投をつづけていたジャイアンツの左腕マディソン・バムガーナーもさすがに動揺は隠せない。1ボール2ストライクからの5球目、バムガーナーは投球動作に入ろうとして途中で止め、プレートを外した。

 ボークだ。

 見ている者のほとんどは思っただろう。しかし、主審はボークを宣告しない。カーディナルスベンチは明らかに不満そうで、激しく抗議するかと思ったが、監督は納得しかねる様子は見せたが、ベンチを出るまでは行かなかった。

 怪しい動きをスルーしてもらったバムガーナーは勇気づけられたように、クルーズを三振に打ち取り、このピンチを逃れた。

【次ページ】 もしボークが宣告されていたら……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
マディソン・バムガーナー
サンフランシスコ・ジャイアンツ
セントルイス・カージナルス

ページトップ