SCORE CARDBACK NUMBER

ヤンキース2年連続V逸は、「暗黒時代」の始まりなのか。
~ジーター引退と同時進行の綻び~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2014/10/07 10:00

ヤンキース2年連続V逸は、「暗黒時代」の始まりなのか。~ジーター引退と同時進行の綻び~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

2009年にWS優勝を果たしたジラルディ監督だが、ジーターなき後、来季の立て直しを迫られる。

 9月16日、オリオールズがア・リーグ東地区優勝を決めた瞬間、常勝軍団と言われ続けてきたヤンキースの2年連続「V逸」が確定した。ジラルディ監督の「我々はプレーオフ進出の可能性がある限り、戦うことをストップしない」との言葉がむなしく響くほどで、残り試合は、図らずも、今季限りで現役を引退するデレク・ジーターの「惜別シリーズ」の様相を呈した。近い将来、殿堂入りが確実視される名キャプテンの引き際と、ヤンキースの低迷が重なる状況は、ひとつの時代の終焉を告げるかのようだった。

 開幕直後のヤンキースは、順調だった。連敗スタートしながらも、同地区のライバル球団がもたつく間、4月は先発投手陣の踏ん張りもあり、首位の座を守り続けた。とりわけ1年目の田中将大がデビュー以来、6連勝まで星を伸ばし、期待通りにローテーションの柱を担うようになった。不安視されていた救援陣もロバートソンが新クローザーとして安定し、新人ベタンセスがセットアッパーに定着するなど、少なくとも明るい材料は揃っていた。

イチローらベテランの起用や戦略に一貫性がなかった。

 その一方で、4月20日にノバ、5月11日にサバシアと先発陣が離脱したのをはじめ、テシェイラ、ベルトランら主力野手に故障が相次いだことで、徐々に歯車が狂い始めた。その間、イチローをはじめとする「控え」が、故障選手の穴を埋め、戦力低下を最小限に食い止めつつ、ペナント争いに踏みとどまっていた。

 ところが、チーム内の足並みに綻びは現れ始めていた。実績十分のイチローのみならず、ソリアーノ、ロバーツらのベテランですら自らの役割が明確にされず、球場入り後、スタメン表を見るまで先発出場は伝えられていなかった。救援陣にしても、猫の目のように起用が変わり、最終的に疲弊した。今季から極端になった守備のシフトが裏目に出ることも頻繁で、用兵、戦術、戦略には一貫性がなく、優勝を狙えるレベルからは、およそかけ離れていた。

 ヤンキースが2年連続でポストシーズン進出を逃すのは、1982年から13年連続で低迷して以来。チームの顔として牽引してきたジーターなき後、2017年まで契約を残すジラルディ監督が、本腰を入れて再建しない限り、盟主の「暗黒時代」への突入は避けられそうにない。

関連コラム

関連キーワード
ニューヨーク・ヤンキース
デレク・ジーター
イチロー
ジョー・ジラルディ

ページトップ