野球クロスロードBACK NUMBER

CSを制したSB秋山監督の「賭け」。
陰のMVPは“帰ってきた”大隣憲司。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/10/21 11:55

CSを制したSB秋山監督の「賭け」。陰のMVPは“帰ってきた”大隣憲司。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

CSを制し、お立ち台に呼ばれた秋山幸二監督は、大隣憲司を呼び寄せてともに勝利を祝った。今年での退任が決まっている秋山監督は、花道を日本一で飾ることができるか。

 その、たったひと言がソフトバンクの勝因を鮮明に表していた。

「呼びましょうか? 大隣を」

 前日に日本ハムに逆王手をかけられ、3勝3敗で迎えた10月20日の第6戦。7回無失点の快投を演じ、レギュラーシーズン3位チームの下克上を阻止した大隣憲司について、秋山幸二監督は目一杯の言葉で賞賛した。

「僕なんかより大隣がね、中4日で行ってくれるということで。『まだ行けます』と7回まできっちり投げてくれて、また、結果を出してくれて。頭が下がります」

 そして「呼びましょうか?」と数度繰り返した後、殊勲者をお立ち台へと招き入れたのだ。

指揮官が真っ先に賛辞を贈った大隣憲司。

 CSのMVPには、第1戦でサヨナラ打、第4戦でも決勝打を放ち、第6戦でも2点目のタイムリーを演出するなど6打点を叩き出した吉村裕基が選ばれた。

 もちろん、吉村以外にも2本塁打、第6戦でも先制打を放った内川聖一、打率4割の李大浩、チーム最多の9安打をマークした松田宣浩の中軸も揃って活躍。スタメンでトップの4割2分9厘と当たった細川亨ら、下位打線も奮起した。

 投手陣も不安定だった中継ぎ、抑えを、シーズン終盤に不調だった中田賢一、スタンリッジが見事にカバーした。

 チーム全員で掴み取った勝利であることは間違いない。ただ、指揮官が真っ先に賛辞を贈り、MVPの吉村も「大隣かと思った」と本音を述べたように、「陰のMVP」を挙げるのならば、2試合14回2/3を2失点と抜群の投球を見せた大隣になるだろう。

 そして忘れてはいけないのが、大隣の快投を信じた秋山監督の「攻めの采配」である。

 ファイナルステージでは、投手起用がひとつのポイントだった。

【次ページ】 日本ハム・栗山監督も、攻めの采配を見せた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
秋山幸二
栗山英樹
大隣憲司
吉村裕基
内川聖一
李大浩
松田宣浩
中田賢一

ページトップ