オフサイド・トリップBACK NUMBER

香川真司を襲った“3つの不運”。
いつか「夢の劇場」に凱旋を。 

text by

田邊雅之

田邊雅之Masayuki Tanabe

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/09/05 10:50

香川真司を襲った“3つの不運”。いつか「夢の劇場」に凱旋を。<Number Web> photograph by AFLO

ドルトムントでの練習に合流した香川真司。ギュンドアンらかつてのチームメイトと談笑する姿も見られた。

 サッカーは人を感動させるけれど、ルポライターとして20年以上も取材を続けてくると、さすがに感覚が摩耗してくる。

 それでも時々、鳥肌が立つような興奮を覚えることがある。

 '94年のW杯アメリカ大会、アジア地区予選の韓国戦でカズが得点を奪った場面。

 ペルージャに移籍した中田英寿が、ユベントス相手にいきなり2ゴールを決めた場面。

 2010年のW杯南ア大会で、本田圭佑がブレ球のフリーキックでネットを揺らした瞬間しかりである。一番新しいケースでは、香川真司のプレミアデビュー戦がまさにそうだった。

「あれって……香川ですよね?」

「そう。スコールズと組んでパス交換しているのは真司だよ」

 薄暗いグディソンパーク(エバートンのスタジアム)で、狭い記者席にすし詰めになりながら、日本から来た先輩新聞記者の方と交わした会話を、僕は昨日のことのように鮮明に覚えている。

 むろん香川はドルトムント時代も、すでに凄まじいインパクトを与えていた。

 日本人選手がチームのキーマンになり、しかもブンデスリーガでバイエルンを抑えて優勝を収めるなどというシナリオは、一昔前ならば考えられなかった。

 だがユナイテッドへの移籍は、それ以上に衝撃が大きかった。赤い悪魔の一員に名を連ねるのは、ジョージ・ベストやカントナの系譜に連なることを意味したからだ。

「8月中旬まで、香川は移籍などまったく考えていなかった」

 個人的に言わせてもらえば、それだけに今回の移籍は残念だった。また全般的な状況を考えても、8月下旬以降、急転直下で事が動いた印象が強い。

 事実、ユナイテッドの内部事情に極めて近い現地ジャーナリストは、匿名を条件にこう証言してくれた。

「私が知る範囲では、カガワは8月中旬まで、移籍などまったく考えていなかったと思う。彼は昨シーズン、出場機会に恵まれなかったし、ましてや今シーズンはファンハールが監督になり、さらに大規模な選手補強に乗り出すのではないかと噂されていた。

 普通ならば移籍を考えてもおかしくはないが、本人はそのような噂は意に介していなかったらしい。自分はユナイテッドでやっていく、今シーズンこそプレミアで結果を出してみせるのだと、心に誓っていたのだろう」

【次ページ】 香川を移籍へと翻意させた要因はなんだったのか。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
ボルシア・ドルトムント
香川真司
ルイス・ファンハール
マンチェスター・ユナイテッド

ページトップ