SCORE CARDBACK NUMBER

超弱小クラブが夢見る、ダービーでの町おこし。
~リーガ初参戦・エイバルの冒険~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/08/23 10:30

超弱小クラブが夢見る、ダービーでの町おこし。~リーガ初参戦・エイバルの冒険~<Number Web> photograph by AFLO

 新シーズンのリーガ日程が発表された7月末、スペイン北部のギプスコア県で局地的な歓声があがった。

 エイバル対R・ソシエダというカードが8月24日の開幕戦に決まったからだ。昨季、1940年のクラブ創設以来初の1部昇格を決めたエイバルの歴史的な初戦の相手が同県のR・ソシエダとなったことで、さっそく『ギプスコア・ダービー』が実現するのである。

 喜んだのはエイバル関係者だ。エイバルの町の人口はわずか2万7000人で、スタジアムも5250人とどちらもリーグ最低。これといった有名選手もおらず、メディアの降格予想でも最有力候補となっている。クラブ予算もリーガ最低で、1部への登録もかつてエイバルでプレーしたシャビ・アロンソやバスク州出身のアシエル・イジャラメンディら、名のある他クラブの選手がイベントで呼びかけ、世界50カ国以上から融資が集まった末になんとか達成できた。

 20チームの中でも圧倒的に地味な存在だが、ホームでの開幕戦に『ダービー』という冠がつくことで、開幕から世間の注目を集めることができるわけだ。

「訪れる人々に、エイバルのいい思い出を残したい」

 開幕ダービーに始まる1部での挑戦を町おこしに繋げようと動いているのが、同市のミゲル・デ・ロス・トジョス市長だ。彼は昇格が決まるとすぐに町のホテルやレストランとミーティングを開き、訪れる観光客をどう惹き付けるかプランを練った。町の広場でホームゲームの度にイベントを開催し、同地方自慢の美食をアピールするという。特にR・マドリーやバルセロナとの対戦の際には、世界中のメディアが町に駆けつける。彼らに町の良さを知ってもらうことで、今後の観光客誘致に繋げようという考えだ。

 そんな市長を、市民も一丸となって後押ししている。町のショッピングセンターは駐車場を無料で貸し出し、ボランティアも大勢集まった。

「訪れる人々に、エイバルのいい思い出を残したいんです。今季が最後にならなければいいけれど」と市長は笑う。

 わずか5千人少々の小さなスタジアムでロナウドやメッシのプレーを楽しみ、試合後には広場で地元民とピンチョスをつまみ、りんご酒やワインを傾ける。ギプスコアの小さな町エイバルの新たな週末の楽しみ方だ。

関連コラム

関連キーワード
エイバル

ページトップ