私とDo 特別編BACK NUMBER

<Qちゃんも実践!> 高橋尚子が教える痩せるための「朝ラン」&「山ラン」。 

text by

君塚麗子

君塚麗子Reiko Kimizuka

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2014/07/09 10:00

<Qちゃんも実践!> 高橋尚子が教える痩せるための「朝ラン」&「山ラン」。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama
体重を減らすために日々努力しているランナーのために
「痩せやすい走り方」を伝授。キーワードは“朝”と“山”。
Qちゃんも実践している今すぐ真似したい方法が満載!

好評発売中のNumber Do「太らない生活2014」より
高橋尚子さんが取り組むランニングの極意を一部公開いたします!

「走って痩せたい」のなら“朝ラン”がとにかくおすすめです。体は運動することによりまず体内の糖エネルギーを使い、それがなくなると脂肪を燃やしてエネルギーにします。個人差もありますが糖エネルギーを使い切るまでには約20~30分かかるんです。でも、体内の糖質量が少ないところから走り始めれば、いつもよりも早く、例えば10~15分とかで使い切ることも可能なんです。朝は夕食を食べてからだいぶ時間が経っていて、寝ている間にカロリー消費もしているため体の中の糖の値がとても低い。だから朝ランは脂肪を燃やすまでの時間を効率よく短縮できるというメリットがあります。

 私は現役中、朝起きてそのまま、水やスポーツ飲料だけを摂って走っていましたが、ダイエット目的で走る人がそれを真似するのはとても危険です。血糖不足や貧血で倒れてしまう恐れもありますからね。スポーツゼリーやバナナなどを軽めに摂ってから走ることをおすすめします。あとは水分補給も重要。「のどが渇いたな」と感じてからの補給では遅いです。走り終えて家に帰るまで一度も渇きを感じないのがベスト。これからの季節は陽射しも強くなりますから、特に気を付けたいポイントですね。

“山ラン”の土道は次の一歩を出す筋肉が鍛えられます。

 でも最も大切なのは、自分自身のライフスタイルに合わせて走ることだと思います。週に何回走るとか、最初から決めてしまうとそれが負担になる。その負担が積み重なり、もういいや! ってなりがちなんですよ。だから、「朝が痩せやすい」とは言いましたが、絶対に朝でなくてもいいんです。夕食前だっていい。「食べる前の方が痩せやすい」という原理さえ知っておけば、自分のライフスタイルに合わせて応用できますよね。いろいろ決め込み過ぎないというのも、ダイエットを成功させる秘訣だと思います。

 もうひとつおすすめしたいのが“山ラン”です。山で走るのは上級者のイメージが強いと思うのですが、きちんと装備をして行けば初心者だってまったく問題ないですよ。ずっと走っていなくたっていいんです。走れるところは走って、あとは歩けばいい。大切なのは体を楽しく動かすことですから。土道はアスファルトに比べて跳ね返りがなく吸収するので、次の一歩を出すときの筋肉が鍛えられます。傾斜もあるし階段もあるのでバランス能力も鍛えられる。さらに集中力や精神力も高められる。いいことずくめですよね。

【次ページ】 レストランや神社を探す「探索ラン」もおすすめ!

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
高橋尚子
私とラン

ページトップ