野球善哉BACK NUMBER

多くの球数が本当に必要なのか?
前田健太に見る「投げ込み」の意味。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2011/01/22 08:02

多くの球数が本当に必要なのか?前田健太に見る「投げ込み」の意味。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

最速152kmの速球と試合で100球を超えても速球を投げ続けられるスタミナは、「投げ込み」ではなく、高校時代から欠かしたことが無いという「走り込み」で培われたものだという

 新人合同自主トレが始まり、新シーズンへ向けてプロ野球界も少しずつ動き始めたといったところだろうか。日本ハムの2軍本拠地・鎌ヶ谷では合同自主トレに参加した斎藤佑樹へのフィーバーぶりがその報道から伝わってくる。

 新人選手の入寮からその姿を追いかけるなど、野球の内容よりも話題性を重視したこの時期の報道には、茶の間の野球ファンも存分に楽しんでいることだろう。ここからキャンプイン、オープン戦を経て開幕へとシフトしていくのが、この手の報道にとっては恒例となっている。

 とはいえ人気の大なり小なりがあるにせよ、変わることのないそうした表面的な記事群に違和感を覚えることも少なくない。

 なかでも近年、特に気にかかっているのは、キャンプイン前、あるいはキャンプ中の投手陣の「投げ込み」に関する報道である。

 やれ「ブルペンにはいつ入る」「肩が出来上がった」「○○○球の投げ込みを行った」などなど……。

かたくなな「投げ込み」信仰は果たして正しいのか?

 この時期に投げ込みをすることの是非を問わずして、その球数の多寡だけが先行することに、果たしてどれほどの意味があるのだろうか。

 たとえば昨年、この時期にメディアを賑わせていた新人の菊池雄星(西武)、二神一人(阪神)は、キャンプイン前から早くもブルペン入りしていたが、その後、二人は身体に異変をきたし、シーズンのほとんどを棒に振ってしまうこととなった。投げ込みだけが故障の原因とは決めつけられないのだが、理由の大きなひとつだったことは間違いないだろう。

 だからこそ……メディアや野球ファンにあえて問いたいと思う。また、選手や首脳陣にも改めて聞きたいのだ。

 そもそも投げ込みはそれほど重要なものなのだろうか、と。投げ込む球数の多さは、何を示しているのだろうか。

【次ページ】 100球以上の投げ込みをしてこなかった沢村賞投手!?

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
前田健太

ページトップ