野ボール横丁BACK NUMBER

藤浪、大谷の陰に隠れた「第三の男」。
中日・濱田達郎の“プロ志向”逸話。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/05/22 10:40

藤浪、大谷の陰に隠れた「第三の男」。中日・濱田達郎の“プロ志向”逸話。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

2012年ドラフト組には高卒の大谷翔平、藤浪晋太郎以外にも大卒の菅野智之、東浜巨、社会人の松永昂大などが目白押し。濱田達郎のキャリアは今始まったところだ。

 プロ入り2年目の「第三の男」が、いよいよ本領を発揮し始めた。

 愛工大名電時代、大阪桐蔭の藤浪晋太郎(阪神)、花巻東の大谷翔平(日本ハム)らと並び「ドラ1候補」として注目を浴びていた中日の濱田達郎が先日、プロ入り2度目の先発登板で早くも2勝目を上げた。

 濱田といえば、忘れられない光景がある。2012年夏の甲子園でのことだ。濱田を擁する愛工大名電は、初戦で浦添商業に4-6で敗れた。3回までに頼みの綱の濱田が5失点したことが、最後まで響いた。

 試合後、その濱田はこう語ったのだ。

「次は、初回からいいピッチングができるように修正しないといけないですね」

 一瞬、言葉の意味が飲み込めなかった。

「次」?

 初戦敗退で、しかも、3年生の濱田に「次」などないではないか。だが、すぐに気がついた。濱田は高校を卒業してから、もっといえば、プロに入ってからのことを語っていたのだ。

 高校野球が終わってから、まだ数十分しか経過していなかった。不遜と言えばそうかもしれないが、プロ志向の強い濱田らしい発言だった。

濱田ほどプロ向きだと直感した選手はいない。

 それにしても長い高校野球取材の経験の中で、最後の夏で敗れ、聞かれもしないのに「次」を語った高校生は記憶にない。プロ入りが確実視されている選手であっても、通例は「まだ考えられない」とお茶を濁すものだ。

 よくプロ向きであるとかプロ向きではないという議論がなされるが、濱田ほどプロ向きだと直感した選手はいなかった。

 3年春の甲子園では、藤浪、大谷、濱田と三人のスターがそろい踏みし、濱田はチームをベスト8に導いた。そのときのセリフも堂に入っていた。

「春の時点で、足りないと感じた部分は、そんなになかった。まだ、力を入れて投げる時期ではないので。本番はあくまで夏。春は、あれぐらいで上出来だと思います」

【次ページ】 3年夏で評価を下げた濱田は、2位で中日に入団。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
藤浪晋太郎
大谷翔平
濱田達郎
中日ドラゴンズ

ページトップ