スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

負けそうにないぞ、この投手は。
田中将大、初完封6連勝の「決め球」。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/05/15 13:25

負けそうにないぞ、この投手は。田中将大、初完封6連勝の「決め球」。<Number Web> photograph by Getty Images

無傷の6連勝目を初完封で飾った田中将大。日米レギュラーシーズンの連勝記録は「34」。ヤンキースは勝率5割をなんとか維持した。

 5月14日のニューヨーク・メッツのとのサブウェー・シリーズ、田中将大がメジャー移籍後初めての完封勝利、6勝目をあげた。しかも9回には、メジャー初安打のおまけつきだった。

 ヤンキースは前日まで4連敗中。そう、前回に田中が先発してから勝ち星がなかった。しかもエースのCC・サバシアが故障者リストに入り、先発陣は苦境に立たされていた。

 しかも先発が安定していないから、ブルペンにも負担がかかる。田中は連敗を止めるという役割だけではなく、長いイニングを投げることを求められていた。

 結果は、満点。いや、それ以上だ。

 ヤンキースのジラルディ監督もホッとしていることだろう。

 9回を投げきって被安打4、奪三振8、四死球はゼロという、まったく危なげのない投球だった。

 ニューヨーク・ヤンキースの放送席が、

「田中の投球を見ていると、優秀な外科医の仕事を見るようだ」

 というコメントが印象的だった。

あらゆる球種で三振が取れる決め球のバラエティ。

 その理由として、解説のデビッド・コーン(私がかつて好きだった投手のひとり)は、

・制球力が素晴らしい
・フォーシーム(ストレート)、ツーシーム、スライダー、スプリット、カーブ、すべての球種が一流のレベル

 と話していた。まさに絶賛、ここにきて年俸のことは話題にものぼらなくなってきた。実力を証明したのである。

 では、具体的に田中の投球内容を見てみよう。

 メッツ戦での完封劇を見ると、決め球がバラエティに富んでいるのが分かる。

 奪った三振8個の結果球(野村克也氏から教わった野球語)=決め球を見ていくと、

・スライダー  4
・スプリット  2
・フォーシーム 1
・カーブ    1

 という4つの球種になる(田中はもうひとつ、ツーシームを投げる)。

【次ページ】 クリーンナップを3連続三振にとった圧巻の7回。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
田中将大
ニューヨーク・ヤンキース

ページトップ