サッカーの尻尾BACK NUMBER

“悪い時のバルサ”だったバイエルン。
レアルに大敗、ポゼッションの限界か? 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAP/AFLO

posted2014/04/30 11:25

“悪い時のバルサ”だったバイエルン。レアルに大敗、ポゼッションの限界か?<Number Web> photograph by AP/AFLO

ボール支配率は36%、パス成功数はバイエルンの半分にも満たなかったが、試合を思い通りに進めていたのはマドリーだった。ラモスは完璧な守備に加え2得点の活躍。

 アンチェロッティは何か嬉しいことがあると、照れ隠しなのだろう、眉毛を大きく吊り上げる。

 4月29日のCL準決勝第2戦、率いるレアル・マドリーがバイエルンを4-0で破った後も、眉毛を吊り上げてこんな言葉を口にした。

「完璧な試合だった」

 2戦合計のスコアは5-0。180分間で両者が手にした決定機の数を考慮すると、さらに差が広がっていてもおかしくはなかった。

 ベッケンバウアーですら「マドリーは決勝進出に値した。第1戦でさらに決めていてもおかしくなかったから」とあっさりと負けを認めたほどだ。

 アンチェロッティの「パーフェクトゲーム」はいかにして達成されたのか。

 指揮官の言葉をふりかえると、いくつかの勝因が見えてくる。

セットプレーで際立ったマドリーCB陣の好調ぶり。

 まずはセットプレーにおける優位性だ。

 第2戦、試合の流れを決めた序盤の2点のセットプレーについて、アンチェロッティはこう明かしている。

「バイエルンはファーサイドへのボールの対応に問題を抱えていた。そこをしっかり準備していたし、上手く突くことができた」

 モドリッチのファーへのボールは中央のクリスティアーノ・ロナウドをこえ、後方のセルヒオ・ラモスの頭へとぴたりと届く。アウェイゴールはマドリーに精神的な余裕をもたらし、バイエルンに焦りをもたらした。

 バイエルンのCK時のゾーンでの守備に対しては批判も出ている。試合後もグアルディオラは「ブンデスリーガではずっとセットプレーは無失点で抑えている。ドイツは上背がある選手が多いにもかかわらずだ。それで批判するのは安易だ」と認めなかったが。

 攻撃面でもバイエルンは180分間でセットプレーをひとつも活かせなかった。特に第1戦、相手陣内に攻め込み、多くのCKを獲得したにもかかわらずだ。

 逆に目立ったのはマドリーのCB陣の状態の良さだ。第2戦の後、アンチェロッティは嬉しそうに「ラモスは素晴らしいシーズンを送っている。世界最高のCBだ」と賞賛。コンビを組むペペも、放り込まれるボールをことごとく跳ね返すなど、キャリアで最高の時期を過ごしている。

【次ページ】 アリゴ・サッキと編み出した4-4-2という結論。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
バイエルン・ミュンヘン
ジョゼップ・グアルディオラ
レアル・マドリー
カルロ・アンチェロッティ
アリゴ・サッキ

ページトップ