プロ野球亭日乗BACK NUMBER

田中将大、好調の陰にWBCの屈辱?
侍ジャパンとメジャー球を巡る提案。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/03/21 11:00

田中将大、好調の陰にWBCの屈辱?侍ジャパンとメジャー球を巡る提案。<Number Web> photograph by AFLO

オープン戦でも好投を続けている田中将大。その適応能力が既に高く評価されているが、その投球を支えているのが、「決め球」スプリットだ。

 ニューヨーク・ヤンキースに移籍した田中将大投手が、開幕に向けて順調な調整を見せている。

 もともと投手としての能力、ポテンシャルは非常に高いものがある。あとはどう環境に順応して、精神的にも安定した状態でマウンドに立てるか。ここまでの成功の一番の理由は、やはりボールとマウンドへの対応がうまくいっていることではないだろうか。

 田中といえば、昨年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では、日本のエースと期待されながら、結果的にはその期待に応えられずに苦い思いをした経験がある。その失敗の一番の理由は、やはりボールにあったはずなのである。

 表面がツルツルで日本のボールに比べて滑るメジャー球では、スライダーが思うように制球できずに、自分の基本的な組み立てがまったくできなかった。その精神的な苛立ちから、投球がどんどんおかしな方向にいってしまったように映った。

サバシアに「反則」と言わしめた田中のスプリット。

 ただ、である。

 その中で田中がつかんだものもあったのだ。

 それはスプリットなら、滑るメジャー球でもさほど影響を受けずにボールをコントロールでき、しかも日本のマウンドより角度のあるメジャーのマウンドでは、より落差が出てボールの威力が倍増するということだ。

 昨年のWBCの大会中、スライダー中心からスプリット中心の組み立てに切り替えて、結果こそ十分には出せなかったが、手応えを得た。そうして田中は“未来”への道を切り開くことができたのだった。

 そういう経験を踏み台にして臨んだ、今年のヤンキースのキャンプ。

「あのボールは反則だぜ!」

 エースのCC・サバシア投手をしてこう言わしめた田中のスプリットは、メジャーリーグでも屈指の決め球と評価されるようになっているわけだ。

【次ページ】 WBCの経験が、メジャー球への対応を促した。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
田中将大
CC・サバシア
ニューヨーク・ヤンキース
小久保裕紀
WBC

ページトップ