欧州CL通信BACK NUMBER

CL8強も、モイーズの目は来季へ。
マンU「復興プラン」に香川の席は? 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byMan Utd via Getty Images

posted2014/03/20 12:00

CL8強も、モイーズの目は来季へ。マンU「復興プラン」に香川の席は?<Number Web> photograph by Man Utd via Getty Images

25分、45分、52分とゴールを決め、ハットトリックを達成したファンペルシ。前回のオリンピアコス戦ではチームメイト批判で騒動を起こしたが、汚名返上の大活躍となった。

 マンチェスター・ユナイテッドにとって、オリンピアコスとのCL決勝トーナメント1回戦第2レグは、8強入り以上に「今後」を懸けた一戦だった。

 国内では無冠がほぼ決定的。そればかりか、直前のリバプール戦惨敗(0-3)で、プレミアリーグでのトップ4争いからも脱落とみなされていた。いかにサー・アレックス・ファーガソン前監督の人選とはいえ、ファンの間でも後任のデイビッド・モイーズへの不信が高まる一方。スタンドから『選ばれし者』というモイーズ歓迎の横断幕を外すべきだとの声も上がった。

 オリンピアコス戦でのパフォーマンス如何では、昨夏に6年契約で就任した新監督の進退が、今季中に問われる事態すら考えられたのだ。

 そして迎えた、3月19日の大一番。マンUは、前半の内に第1レグで奪われた2点のビハインドを帳消しにすると、後半早々に3点目を追加してオリンピアコスを下した(2戦合計3-2)。

ガリー・ネビルも、マンUの現状を厳しく評価した。

 試合前日に「オールド・トラフォードでのマンUには常に得点が期待できる。先制ゴールを決めれば必ず追加点も生まれる」と言っていたのはクラブOBのロイ・キーン。元キャプテンの言葉通り、7万人を超すスタンドの「12人目」が「ユナイテッド!」と連呼してチームを後押しするホームのピッチで、4-4-1-1の陣形で攻勢に出たマンUは、伝統の底力を発揮して逆転の8強入りを実現したのだった。

 しかし、現在のマンUが置かれた厳しい状況は一向に変わらない。前監督時代には考えられなかったCLのないシーズンを回避するには、今季の大会で優勝を飾るしかないが、チームの戦力はそのレベルにない。元マンUのガリー・ネビルでさえ「既にベスト8進出が決まっている顔ぶれは、どこもこの試合の勝者と当たりたいと思っているだろう」と、オリンピアコス戦を前に語っていたほどだ。

 チームには、今季開幕前に予想された以上の梃入れが必要だ。総入れ替えが必要とまで言われる4バックでは、この試合でもパトリス・エブラが守る左サイドが最大の弱点となった。ダビド・デヘアの2連続セーブがなければ、40分に手痛いアウェイゴールを奪われていた。デヘアは、同じく左サイドから攻められた79分にも、ファインセーブで危機を救っている。

【次ページ】 モイーズの視線はすでに来季へ向けられている。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
オリンピアコス
マンチェスター・ユナイテッド
香川真司
デイビッド・モイーズ
ロビン・ファンペルシ
ウェイン・ルーニー
欧州チャンピオンズリーグ

ページトップ