詳説日本野球研究BACK NUMBER

高卒、大卒、社会人の割合で考える、
パの“成功法則”と、セの“反攻”。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/02/27 10:50

高卒、大卒、社会人の割合で考える、パの“成功法則”と、セの“反攻”。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

桐光学園からドラフト1位で楽天に入団した松井裕樹。今年ヤンキースに移籍したチームの大先輩、田中将大のように大きく成長できるだろうか。

 毎年3月に出版する『プロ野球 問題だらけの12球団』(草思社)の原稿を先日、ようやく脱稿した。今年度版では巻頭で3つの特集を組み、そのうちの1つが高校卒、大学卒、社会人出身別の指名傾向で、題して「理想的なチーム作りのためのドラフト戦略」。

 高校卒は「成功したときのスケールが大きい高校卒」、大学卒は「指導者に忠実な大学卒は『チームリーダー』になれる」、社会人出身は「高校、大学経由の社会人は『チームプレーの鬼』」とキャッチフレーズをつけ、各カテゴリーの成功選手にはどんな特徴があるのか分析した。

 成功の基準は安打数、勝ち星、試合出場(登板)数などでハードルを設け、その結果、現在のプロ野球界においてハードルを超えた選手は、高校卒が「投手10人、野手7人」。大学卒が「投手14人、野手16人」、社会人出身が「投手15人、野手11人」となった。予想通り高校卒が最も少なかったわけだが、この出自別でベストナインを組むと、高校卒が最も豪華な布陣となった。投手10人とともに紹介しよう。

高校OB選抜 大学OB選抜
スタメン 投手10人 スタメン 投手10人
(中)陽岱鋼
(左)西川遥輝
(遊)坂本勇人
(三)中田翔
(二)浅村栄斗
(右)丸佳浩
(一)銀次
(指)川端慎吾
(捕)炭谷銀仁朗
 
ダルビッシュ有
田中将大
前田健太
涌井秀章
成瀬善久
吉川光夫
西村健太朗
西勇輝
藤浪晋太郎
唐川侑己
(中)青木宣親
(左)長谷川勇也
(右)糸井嘉男
(三)松田宣浩
(遊)鳥谷敬
(指)秋山翔吾
(一)亀井善行
(捕)嶋基宏
(二)藤田一也
 
岸孝之
澤村拓一
野村祐輔
中田賢一
菅野智之
小川泰弘
則本昂大
平野佳寿
益田直也
大野雄大
社会人OB選抜
スタメン 投手10人
(二)本多雄一
(中)岡田幸文
(遊)片岡治大
(右)長野久義
(一)大島洋平
(指)角中勝也
(三)梵英心
(左)荒波翔
(捕)――
 
金子千尋
内海哲也
吉見一起
攝津正
能見篤史
牧田和久
森福允彦
十亀剣
松永昂大
増井浩俊
※捕手の成功選手がいなかった。

【次ページ】 「僕らの仮説では、投手は23~25歳がピーク」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
田口麗斗
奥村展征
松井裕樹
内田靖人
森友哉
上林誠知
若月健矢
園部聡
吉田雄人
渡辺諒

ページトップ