SCORE CARDBACK NUMBER

総合格闘技の礎を築いた、
浦田昇の死を悼む。
~修斗に尽くした名コミッショナー~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2014/02/23 08:10

1月13日の後楽園大会で久々にコミッショナー宣言を行ない、復調を期待した矢先だった。

1月13日の後楽園大会で久々にコミッショナー宣言を行ない、復調を期待した矢先だった。

 1月16日、総合格闘技の老舗「修斗」のコミッショナーとして活躍した浦田昇氏が逝去した。享年73。

 真剣勝負を愛した人だった。中央大学在学中にはアマチュアレスリングに熱中。グレコローマンスタイルのライトヘビー級で二度も全日本王者に就いた。

 1964年には日本代表として東京オリンピック出場への期待も高まったが、腰のケガで断念せざるをえなかった。その直後、日本レスリング界の父・八田一朗は「(マサ)斎藤や(サンダー)杉山と一緒にプロレスに行け」と背中を押したが、浦田氏は「あんな器用なことはできません」と固辞したという。

 '80年代半ばには大学時代の先輩の頼みを断りきれずに格闘技色の強いプロレス「UWF」の代表に就任した。団体崩壊後、浦田氏の元に残ったのは億単位の借金だけだったが、不屈の闘志を抱きながら理想を追求し続けた。

 UWFの中でリアルな総合格闘技組織の設立を夢見ていた佐山聡(初代タイガーマスク)に共鳴。佐山がUWFを飛び出す形でシューティング(現・修斗)を旗揚げすると、実業家として借金を返済しながら、日本初となる総合格闘技の普及に力を注いだのだ。

1月の世界戦でのコミッショナー宣言が最後の仕事に。

 親分肌の人でもあった。'96年春、修斗からコミッショナー就任を要請されると、浦田氏は「ケツは俺が持つから」と快諾した。その言葉に偽りはない。4年前、修斗内で分裂騒ぎが起こると、身を挺して事態の収拾を図った。ボクシングのように独立した組織として競技を管理するのではなく、単なるお飾りとしてのコミッションも見受けられる格闘技界にあって、浦田氏は数少ない物言いのできるコミッショナーだった。

 ここ数年は体調を崩し、タイトルマッチの際のコミッショナー宣言も代役を立てることが多かった。それでも、今年1月13日、都内で修斗の世界タイトル戦が行なわれた際には、周囲の助けを借りながら久しぶりにリングに上がった。

 残念ながら、これが最後の仕事になってしまった。大会終了後に帰宅すると容体が急変。翌日から入院したが、帰らぬ人になってしまったのだ。通夜の席上、遺族は修斗関係者に感謝の意を述べた。

「浦田は修斗が好きで、修斗のために生きてきました」

関連コラム

ページトップ