Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<モーグル、Wエースの現在地> 伊藤みき×上村愛子 「不屈の決意を抱いて」 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byShino Seki

posted2014/02/06 06:15

バンクーバー五輪を終えた日、涙を流した2人は、
それぞれの過程を経て、ソチ五輪を迎える。
モーグル女子の両翼を担うエースはそろって順調に、
そして自然体で、決戦の舞台に臨むはずだった――。

開幕まで僅かとなったソチ五輪。
今回はNumber845号に掲載したモーグルの伊藤みき選手、
上村愛子選手の記事を全文公開します。

 今なお、4年前のあの日の光景を鮮明に覚えている。消しても消せない記憶だ。

「金メダルを狙う」

 誓った目標はかなわず、伊藤みきはバンクーバー五輪で12位に終わった。

 決勝を滑り終えた伊藤は、取材陣の前で涙を浮かべながらも笑みを交え、問われる前に宣言した。

「ソチを目指して、これから4年間、頑張ります」

 その直後、取材の場から一人引き上げる通路で、抑制は失われた。とめどなく流れる涙と赤い鼻。初めて見せるその姿は、抑え切れない感情が爆発しているかのようだった。

「悔しいときはもう、細胞の一つ一つが悔しがっているというくらい、負けず嫌いです」

 自身を分析してこう語ったことがある。目標に届かなかったことがただ悔しかった。

 このままでは終われない。その日から、言葉通り、伊藤の4年間は始まった。

積み重ねに自信があったから、体調管理を重要視した。

伊藤みき Miki Ito
1987年7月20日、滋賀県生まれ。中京大を経て北野建設入り。'06年トリノ五輪は20位、'10年のバンクーバーは12位。昨年2月のW杯で優勝するなど好調だったが、12月に右膝の靱帯を損傷。復帰を目指している。162cm、51kg。

 何が自分には足りないのか。課題は何か。模索しつつ、地道に練習に励む日々が開花したのは昨シーズンだった。従来の丁寧さにスピードが加わった滑り、エアの安定を手に入れると、世界選手権ではモーグル、デュアルモーグル(オリンピックでは実施されない)ともに銀メダルを獲得。ワールドカップでも初優勝を飾り、まぎれもなく世界のトップをうかがう位置に上りつめたのだ。

 シーズンが終わるや否や、春から雪上での練習機会を得て上積みを図った。手ごたえは十分だった。シーズン開幕前、オリンピックまでの課題を問われての答えにもうかがえた。

「残りの期間でやっていくことは、それこそ睡眠であったり食事に気をつけたり、体調の管理になっていくと思います。12月14日にワールドカップが開幕して、その次の試合が1月4日。そこから5試合あって、一度帰国してオリンピックというスケジュールなので、流れが大事だと思います」

 バンクーバーのシーズンはシーズン前の故障に泣かされた。だからこそ、体調管理を重要視したし、また、体調管理だけがやることであると語ったのは、積み重ねてきたことへの自負の表れでもあった。

<次ページへ続く>

【次ページ】 「自分がいちばん、オリンピックを楽しみたいです」

1 2 3 4 5 NEXT
1/5ページ

ページトップ