ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

最後まで持続する緊張感。
歴史に刻まれる闘牛の名勝負。
~『さもなくば喪服を』を読む~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2014/01/15 06:10

最後まで持続する緊張感。歴史に刻まれる闘牛の名勝負。~『さもなくば喪服を』を読む~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

ラリー・コリンズ/ドミニク・ラピエール著 志摩隆訳 早川書房 2600円+税

 1964年5月20日、マドリードの雨に濡れた闘牛場。ここでスペイン史上最も高給を取る闘牛士が一頭の牡牛と闘った。28歳の闘牛士はエル・コルドベス(コルドバの男)と呼ばれ、伝統ある闘牛の技を破壊する闘い方で論争の的になり国民的アイドルともなったマヌエル・ベニテス。相手は左眼が見えず、闘牛士が手にする深紅の布の動きに従わない危険な動きをする、インプルシボ(癇癪持ち)と名付けられた牡牛だ。

 対決はテレビ中継され、スペイン国民の3分の2に達する2000万人の男女が見守り社会活動は一時中断した。これほどスペイン国民が一つになったのは1939年にフランコ将軍が人民戦線政権を倒して独裁体制を敷いて以来、初めてのことだった。フランコ政府に抑圧され、約60万人もの犠牲者を出した内戦で打ちのめされていた人々は、コルドベスに新生スペインの姿を見たのである。

闘牛を国技としたスペイン社会と時代を描いた雄編。

 本書は、この闘いの一日に焦点をあてる。内戦勃発の1936年、寒村の貧しい家でコルドベスは生まれた。母は生活を支え切れず倒れ、父は内戦に巻き込まれ獄死した。12歳年上の姉に育てられた極貧の若者が富と名声を得る唯一の手段の闘牛士を目指す不屈の戦いは、戦争の惨禍から立ち直る人々の苦難の歩みと重なった。

 コルドベスとインプルシボの闘いの精緻な描写に、現在と過去とを行き来して、主役の闘牛士と牡牛とに関わった人々の証言を組み込んだ緊密な構成。このフラッシュバックが闘牛の歴史や仕組み、またそれを国技としたスペイン社会と時代とを浮かび上がらせる。そして闘いの決着は? 闘牛は人間が勝って当然……だが、そうなるだろうか。素材と手法との響き合いが生む緊張感が最後のページまで持続して圧倒的だ。

 印象的な題はコルドベスが闘牛士デビューの日に姉に言った「今夜は家を買ってあげるよ、さもなければ喪服をね」から採られた。著者の米仏報道記者コンビには『パリは燃えているか?』など世界史上の大事件を群集劇で描く3作品があるが、ヒーロー一人に絞った本書がベスト。ノンフィクションの力みなぎる雄編。

関連コラム

ページトップ