Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<育成のキーマンが描く世界戦略> 吉武博文 「ボランチが10人でも戦える」 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byWataru Kohayakawa

posted2014/01/08 06:00

相手がほとんどボールに触れることさえ叶わず、
圧倒的なポゼッションを誇った'13年のU-17代表。
常に主導権を握るサッカーを国際舞台で実践してみせた。
「日本にしかできないスタイルで勝負する」と語る
指揮官の言葉から、世界での戦い方のヒントを読み解く。

 南国・沖縄とはいえ、12月ともなると時折吹き込む風は冷たい。見学に訪れている人たちにもダウンジャケット姿が目立つ。

 とはいえ、ピッチ上は別世界だ。

「もっとテンポを上げて!」

 U-15日本代表候補キャンプには、熱気をもたらす大きな声が絶え間なく響く。

 声の主は、監督の吉武博文である。

 吉武は過去2度、U-17日本代表を率いてU-17ワールドカップに出場。'11年大会ベスト8、'13年大会ベスト16と、いずれもチームを決勝トーナメント進出に導いた。

圧倒的な支配率が象徴する、吉武流の対世界戦略。

吉武博文 Hirofumi Yoshitake
1960年、大分県生まれ。大分大卒業後に教師になり、'85年明野中を全国優勝に導く。大分トリニータユースのコーチ等を務め、'09年U-15日本代表監督に就任すると、'11年U-17メキシコW杯で18年ぶりにベスト8に進出。'13年の同UAEW杯でもグループリーグを突破し、ベスト16。現在'15年U-17W杯を目指す、U-15代表を率いる。

 だが、注目すべきは結果だけではない。吉武に率いられたチームは、ポゼッションで相手を圧倒。常に主導権を握って試合を進めるスタイルは「まるでバルサ」と各国関係者を驚嘆させた。'13年大会で記録したボール支配率は平均68%。翻弄され続けた相手チームには試合終盤、足がつる選手が続出した。

 吉武が目指すのは「全員攻撃全員守備」だ。別に日本は個の力で劣るから組織で補おうという発想ではない。「日本人はみんなで何かをやることが得意」だからだ。

「日本人にしかできないことで勝負する」

 これこそが吉武流の対世界戦略である。

「日本はいいときと悪いときの差が大きすぎる」

「どの国にもいいところと悪いところがあって、悪いところを改善するのも大切ですが、日本人には外国の人が真似のできない、いいところがある。そこをいかに多く出せるかが日本の突破口になるんじゃないか、という仮説で取り組んできました。具体的には、みんなで同じ目標に向かって何かに取り組んでいくなかで、予測力、集中力、協調性といったところをピッチのなかで表現できないかな、と。

 スピードやパワーといった個の強化は、いくらやっても日本が世界と互角以上に戦うのは難しいだろうと感じます。個の強化と聞いて、僕が最初に思うのはメンタルの強化。僕らのチームだけでなく、日本はいいときと悪いときの差が大きすぎる。それは何が原因かというと、自分の気持ちをコントロールできないからなんです」

<次ページへ続く>

【次ページ】 いつからか伝統を捨ててマリーシアに走ってしまった。

1 2 NEXT
1/2ページ

ページトップ