セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

セリエAで子供の野次に罰金70万円!
試されているのは大人たちなのだ。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/12/17 16:05

セリエAで子供の野次に罰金70万円!試されているのは大人たちなのだ。<Number Web> photograph by AFLO

ウディネーゼ戦に訪れたユベントスのキッズファン。無邪気な応援の中に痛烈な野次が入り混じった。

 歓声と野次は、サッカーのスタジアムに付き物だ。

 事件は今月初め、ユベントス・スタジアムで起こった。

 ウディネーゼGKブルキッチがゴールキックの動作に入ると、ユベントス応援団席にあたる背後のゴール裏から、一斉に激しい罵声が浴びせられた。

「クソッたれがー!」

 ブルキッチはぎょっとした。彼を口汚く罵ったのは、その日ゴール裏席を埋めていた1万2000人の小学生たちだった。

 ライトアップされたグラウンドに目を輝かせ、一心に小旗を振るちびっこユベンティーノたちが、試合の間中、ブルキッチの集中力を削ぐために、ニコニコしながら「クソったれー!」と大合唱していた。

 この光景が、TV中継やニュース映像を通して全国に流れると、大人たちは面食らった。

 子供たちの無邪気さと卑しい言葉遣いとのギャップに驚愕し、普段カルチョと縁遠い母親たちも、引率者が子供たちをたしなめるどころか誰一人止めようともしなかったことに唖然とした。

ユネスコの後援バナーの前で、「クソ」と叫ぶ子供たち。

 セリエAでは、試合中の侮蔑行為や差別的中傷を根絶させるため、今季から各クラブへの処分が厳罰化された。過激派サポーターの侮蔑コールに対する連帯責任が問われ、主に罰金と観客席の段階的閉鎖処分が科されるようになっている。

 開幕直後から、ローマのオリンピコやミラノのサンシーロのゴール裏席が、次々に閉鎖に追い込まれた。

 今シーズン同様の処分を受けたユベントスは、トリノ近郊のサッカースクールや小学校に通う13歳以下の男女児童をゴール裏席へ招待する企画を思いつき、リーグの承認とユネスコ・イタリア支部の後援も取り付けた。その後援バナーの前で、当の児童から「クソ」を連発されたのだから、ユベントス担当者の面目は丸潰れだった。

 面目だけで済めばよかったが、リーグ機構は、さらに異例の罰金5000ユーロ(約70万円)をユベントスへ科してきた。発煙筒投下やレーザー照射による物理的な妨害行為ではなく、判断が難しい「侮蔑行為」に直接の罰金が科されるのは、シーズン開幕以来初めてのことだった。

【次ページ】 子供たちはただ、大人たちの真似をしたにすぎない。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ウディネーゼ
ユベントス

ページトップ