Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<箱根駅伝・名勝負ドキュメント> 早稲田大学×東洋大学 「大接戦と圧勝劇の狭間で」 

text by

小堀隆司

小堀隆司Takashi Kohori

PROFILE

photograph byTakamitsu Mifune/AJPS

posted2013/12/02 10:30

<箱根駅伝・名勝負ドキュメント> 早稲田大学×東洋大学 「大接戦と圧勝劇の狭間で」<Number Web> photograph by Takamitsu Mifune/AJPS
217.9kmの継走の末、最少21秒差で決着した臙脂と鉄紺の激闘譜。
歓喜と落涙の明暗が際立ったレースを両軍の証言で振り返ると、
至高の名勝負の結末は、「365日後の未来」をも変えていた――。

本日発売のNumber PLUS「箱根駅伝1920-2014 伝説の名勝負」より、
2011年、'12年の早大vs.東洋大の激闘ドキュメントを公開します。

「抜かれていいから」

 早稲田大学の4年生だった猪俣英希は、5区に挑む際の心構えとして、コーチからそう助言されていた。

 言葉を補えば、抜かれていい相手は東洋大学の柏原竜二だった。

 山の神には逆らうな。簡単に言えば、そういうことだ。

 第87回箱根駅伝は、早大と東洋大が抜きつ抜かれつの激しい優勝争いをしたことで駅伝ファンの心を掴んだ大会だった。

 当時、早大は大学駅伝3冠を狙う立場にいた。一方の東洋大も、箱根駅伝を2連覇中で、この大会には並々ならぬ覚悟で臨んでいた。

 両校の戦力にほとんど差はなかったが、箱根ではやや東洋大が有利だろう――。そんな意見が大勢を占めていたのは、山の神の存在があまりにも大きくなっていたからだ。

 3年生の柏原はこの時すでに2年連続で区間新記録をマークするなど、山上りの5区で絶対的な存在となっていた。

 各ライバル校がもっとも頭を悩ませていたのは、柏原のいる山をどう攻略するか。その一点に絞られていたと言っていい。

「自分でも勝てるなんて思ってませんでしたからね」

 猪俣に出された指示は、抜かれた際のショックを少しでもやわらげ、平常心で走らせるための配慮であっただろう。

 本人は、その指示をどう聞いたのか。

「自分でも勝てるなんて思ってませんでしたからね。なので、気負ってもなかったし、ある意味抜かれると思ってました。ただ、目安のタイムがあったので、それだけは守ろうと。確か、82分30秒以内だったと思います」

 言うなれば、山をどう攻めるかではなく、山でどう凌ぐか、それこそが勝つために渡辺康幸監督が考えていたことだった。

 早大は前年、5区に期待の2年生、八木勇樹を配し、真っ向勝負を挑んでいる。

 だが結果は、柏原に追いつかれ、追い越され、最後には心をへし折られた。

 4年前の冬の情景を思い出し、八木がはっきりとした口調で語る。

【次ページ】 「勝負しましたが……“山の柏原”は次元が違う」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
東洋大学
早稲田大学
柏原竜二
猪俣英希
渡辺康幸
八木勇樹
大迫傑
川上遼平
三田裕介
高野寛基
大津翔吾
田中貴章
千葉優
山本憲二

ページトップ