SCORE CARDBACK NUMBER

体格の差をどう克服するか。
指揮官が追求する日本らしさ。
~グラチャン3位、女子の新戦術~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2013/12/02 06:00

体格の差をどう克服するか。指揮官が追求する日本らしさ。~グラチャン3位、女子の新戦術~<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

「チャンスが少なくなる分コートにいるときは1点でも多く取りたかった」と語った岩坂。

 11月17日、バレーボール女子のワールドグランドチャンピオンズカップが閉幕した。全日本女子は3位となり、銅メダルを獲得して大会を終えた。

 同大会12年ぶりのメダル獲得もさることながら、注目を集めたのは戦術だった。セッター、オポジット、ウイングスパイカー2名、ミドルブロッカー2名の配置が普通なのに、日本はミドルブロッカーを1枚減らし、ウイングスパイカー3枚にしたのだ。いわば常識を覆す取り組みは3年後を見据えてのことであった。

 平均身長で海外の強豪国に劣る日本は、これまでも、どこで相手を上回り勝負できるかを考えてきた。その答えがサーブとレシーブのレベルアップ、速い攻撃の志向、データの駆使であり、結実したのがロンドン五輪での銅メダルである。

 ロンドン後、2016年のリオデジャネイロ五輪での世界一を目標に新たなスタートを切った。だが今までの延長線上では達成できないのでは、との思いが眞鍋政義監督にはあった。とりわけ課題は中央からの得点力不足だった。だったらミドルブロッカーを減らした方が点が取れるという発想から新戦術は生まれた。

減らされたミドルブロッカーにとっては発奮材料に。

 これまでも、身体能力の差が影響する競技では、日本の選手やチームはさまざまな創意工夫に取り組んできた。バレーで例をあげれば、時間差攻撃などのコンビネーションバレーで世界一に輝いたミュンヘン五輪の全日本男子がそうだ。その歴史を考えれば、世界一になるために、戦術を見直すのは自然かもしれない。

 大会中、どの試合でも有効だったわけではない。初戦のロシア戦では成功したが、対策を講じてきたアメリカ、ブラジルには敗れた。だが、練習を始めてから約1カ月ほど、整備されていない中での大会だ。リオから逆算しても、まだ試行錯誤できる時期でもある。

 また、別の効果も期待できる。ミドルブロッカーの一人、岩坂名奈は出場すると長い距離をとって打つ工夫をしていた。それが象徴するように、得点力に欠けるとして減らされたミドルブロッカーたちの奮起はチーム力の底上げにつながる。

 眞鍋監督は「大会を検証してどうするか考えたい」と言う。

 その根本にある「日本らしさ」の追求が、どのような形を取るのか、世界一へと結びついていくのか、興味深い。

関連コラム

関連キーワード
眞鍋政義
岩坂名奈
リオデジャネイロ五輪
オリンピック

ページトップ