ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

大作家の筆で味わう、
スポーツ・ライティング。
~井伏鱒二・著『川釣り』~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2013/11/22 06:00

大作家の筆で味わう、スポーツ・ライティング。~井伏鱒二・著『川釣り』~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『川釣り』井伏鱒二著 岩波文庫 560円+税

 教科書によく載っている「山椒魚」の作者。文豪には違いないが、それではちょっと物々しい気がする。簡潔で平明で、アユのはらわたの様なほろ苦いユーモアと余韻漂う文章の達人。井伏鱒二、号は尊魚堂主人、釣りの名手としても知られる大作家だ。

「おい井伏や、釣りは文学と同じだ」と釣りの師匠・佐藤垢石(こうせき)はいう。教わりたてはよく釣れるが、自分で工夫するうちに釣れなくなり、10年続ければまた釣れ始める。「先ず、山川草木にとけこまなくっちゃあいけねえ」と。垢石は随筆家で釣りの名人、諭すところは文章道と同じ修行の道だが、井伏先生はそんな厳しい教えは心の底にしまい込み、竿をかついで飄々といそしむ釣り行脚の記である。

 アユ釣りに出かけた伊豆の宿で洪水にあった。2階に避難すると同宿の太宰治が「驚くですね、驚くですね」と逃げてくる。岡山の高梁川の支流では猿に遭って怖い思いをした。猿は飛びかかって来て、腋の下をくすぐるというのだ。

「空想の山女魚」に込められた名手の含羞。

 ヤマメ釣りの温泉宿では刑事に金庫破り逮捕の手伝いをさせられる。郷里の谷川では白髪が原因で、二人の若い釣り人から乱暴狼藉を受けてしまう。どんな“事件”かは、読んでのお楽しみ。

 釣りと自然と人と小動物を随筆、感想文、紀行文、創作と自在な手法で描写して無類だ。一尺を超える山女魚を練達の技を駆使して釣り上げ、「私の胸は、ゴットン・ゴットン……動悸を打つ」。続けて「私はその空想の真青な淵で、五尾も六尾も空想の山女魚を釣りあげた」。やられた、と苦笑してしまう。釣果に触れないのは名手の含羞というものだろう。

「十年釣りをして三行書け」と言われたと井伏名人は書いている。潔癖な言葉の節約が、かえって読む者の眼にその場の情景を生き生きと浮かび上がらせる。ハードルは相当高いが、スポーツ・ライティングのお手本にもなりそうだ。恐れ入りました。続編の『釣師・釣場』もお薦めだ。

関連コラム

ページトップ