スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

グリンキーとヤング・ブルワーズ。
~小球団がMLB屈指の大物獲得!!~ 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2011/01/01 08:00

グリンキーとヤング・ブルワーズ。~小球団がMLB屈指の大物獲得!!~<Number Web> photograph by Getty Images

2006年には社会不安障害と診断されながら見事に立ち直った2009年サイヤング賞投手

 投手の年に投手の移動が続いている。

 クリフ・リー争奪戦ほど騒がしくはないにせよ、またしても大物がトレードされた。

 今度の主役はザック・グリンキーだ。

 グリンキーはロイヤルズの大黒柱だった。2009年には、16勝8敗、防御率=2.16(30球団中ベスト)、242奪三振(投球回数=229回3分の1)という超絶的な投球内容で、ア・リーグのサイ・ヤング賞に輝いている。

 そのグリンキーが、2011年からはブルワーズのユニフォームを着る。

オールスター級の選手を放出してきたロイヤルズの懐事情。

 交換相手は、ブルワーズの若手4人だ。遊撃手のアルシデス・エスコバーと中堅手のロレンゾ・ケインはいくらか名を知られた選手だが、残る2投手(ジェレミー・ジェフレスとジェイク・オドリッツィ)はまったくの無名にひとしいマイナーリーガーだ。

 トレードの内容については、ま、とやかくいうまい。2000年以降、ロイヤルズは有望選手を育て、スターになった時点で放出するというパターンを繰り返してきた。

 2000年のジョニー・デイモン、'01年のジャーメイン・ダイ、さらに'04年のカルロス・ベルトラン。おもに金銭的な理由から、この球団には、オールスター級の選手をあっさりと放出する傾向がある。

 グリンキーの場合も例外ではない。

「大リーグを背負って立つ」潜在能力で今が「絶好の買いどき」。

 2010年シーズンの彼は、あまり満足のいく成績を残せなかった。とくに序盤がつらかった。先発試合数は年間で33だが、最初の13試合が1勝8敗(防御率=4.05)、後半20試合が9勝6敗(防御率=4.24)、合計して10勝14敗(防御率=4.17)という凡庸な数字しか残せなかったのだ。

 ただ、彼の潜在能力は万人の認めるところだろう。少なくとも1年前、グリンキーは、ティム・リンスカムやロイ・ハラデイやクリフ・リーと並んで「大リーグを背負って立つ」名投手にほかならなかった。

 逆にブルワーズの側から見れば、いまが「絶好の買いどき」と映ったのではないか。

 ブルワーズは若いチームだ。プリンス・フィルダー(26歳)、ライアン・ブラウン(27歳)、コーリー・ハート(28歳)を主軸とする打線の破壊力は、ナ・リーグ中地区ではレッズと並んで双璧だろう。

 ただし、2010年シーズンは先発投手陣に難点があった。クォリティ・スタートの数がナ・リーグ全体で下から2番目というデータからも察しがつくとおり、ディフェンスの基礎的な補強は焦眉の急だったのだ。

【次ページ】 若き先発陣と打線の破壊力が噛み合えば地区優勝も!?

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
ザック・グリンキー
ミルウォーキー・ブルワーズ

ページトップ