沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

“王”ロードカナロア不在のマイルCS。
純粋マイラーを圧倒する“別路線組”。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2013/11/16 08:01

“王”ロードカナロア不在のマイルCS。純粋マイラーを圧倒する“別路線組”。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

今年2月に京都記念を制し、武豊の27年連続重賞制覇をもたらしたトーセンラー。デビューから20戦目にして初の1600mとなるが、鞍上は「対応できる」とコメントした。

 春のマイル王決定戦である安田記念を勝ったのは、昨年のスプリンターズステークス、香港スプリント、今年の高松宮記念とスプリントGIを3連勝していたロードカナロアだった。2着はそれまで1800m以上のレースしか経験のなかったショウナンマイティ。

 異種格闘技ではないが、この距離の本職であるはずのマイラーたちを、距離を延ばしてきたり縮めてきた別路線組が撃破する形となった。

 11月17日に行われるマイルチャンピオンシップ(京都芝外回り1600m、GI)に前記2頭は出てこないが、安田記念同様、別路線組に有力馬がいて、勝ち馬予想を難しくしている。

トーセンラー、好走したレース全てが京都の外回り。

 別路線組のなかで、もっとも大きな「未知の魅力」を感じさせるのはトーセンラー(牡5歳、父ディープインパクト、栗東・藤原英昭厩舎)である。全3勝の内訳は、新馬戦ときさらぎ賞の1800mと、今年の京都記念の2200m。京都記念のあとは、3200mの天皇賞・春2着、2200mの宝塚記念5着、2400mの京都大賞典3着。そこから中5週で、デビュー以来初のマイル戦となるここに臨む。

 距離こそ初めてだが、勝った3戦も、最近好走した天皇賞・春も京都大賞典も、そしてこのマイルチャンピオンシップも、すべて京都の芝外回りコースである。3コーナーで坂を上ってから下り、そのまま水が流れるように、長くて平坦な直線をスーッと伸びるレースで結果を出してきたのだ。

 この中間はスピードをつけるため、それまで周回コース中心だった調教を坂路主体にスイッチした。きさらぎ賞でオルフェーヴルを負かした走りを思い出すと、3コーナーまでの距離がひとハロン短いだけのここでもかなりのパフォーマンスが期待できる。

【次ページ】 初制覇のGIは連覇する武豊の不思議なジンクス。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
トーセンラー
武豊
ダークシャドウ
クラレント
ドナウブルー
マイネイサベル
レッドオーヴァル
ダノンシャーク
リアルインパクト
グランプリボス
サダムパテック
マイルチャンピオンシップ

ページトップ