サッカーの尻尾BACK NUMBER

CKからは28回に1点しか生まれない!
バルサファン考案の大胆なCK対策。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/10/25 10:31

CKからは28回に1点しか生まれない!バルサファン考案の大胆なCK対策。<Number Web> photograph by Getty Images

ポゼッションサッカーという戦術を考えれば、一番のCK対策は「CKを与えないこと」になるのだが……。

 とあるスポーツ新聞の読者投稿欄に、気になる投書をみつけた。

 投稿のタイトルにはこうある。

『数的考察にみるバルサのCKにおける選手配置』

 書いたのはバルセロナから80キロほど北上した山中の小さな町、マンレウに住むジョセップさんである。

 セットプレー対策、特にCK対策はバルサの長年の悩みである。新監督のマルティーノは、それまでのゾーンにマンマークをミックスさせる守備方法に変更したが、CKの失点は減らず解決には至っていない。

 ジョセップさんはいても立ってもいられなくなり、熟考を重ねたのだろう。

 投書の書き出しはこうなっている。

「昨今バルサが苦しめられているコーナーキック、その守備的脆弱性を分析するにあたり、数的観点から選手の動き、配置を行なうことでこれを解決できるのではあるまいかと考えております」

 タイトルも仰々しいけれど、内容もとても丁寧な文体で書かれてある。きっと真面目な人なのだろう。

相手選手を減らすことで数的有利をうみだす。

 文中には独自の提案がつらつらと書かれてある。彼のちょっと思い切ったCK対策をまとめるとこういうことになる。

(1) CKの守備時に、スピードがある3人、ペドロ、メッシ、ネイマールをハーフウェイラインに、右、中、左という配置で並べる。

(2) そうすれば大抵の相手はカウンター対策として3選手を自陣に置き、カバー役にもうひとり自陣に下げる可能性が高い。

(3) さらにシャビかイニエスタのどちらかを上げ、前線の3人をサポートさせる。相手はもう1人下げざるを得なくなる。

 CKをどう守るのか、ではなく、どう相手選手をエリアから減らすか、という発想である。

 彼はこう結んでいる。

「――つまりバルサはCK時に4人を前に置くことで、相手5人の動きを封じることができる。CKのキッカーを考えると、ペナルティエリア内に入れる相手選手は4人だけ。エリア内は6対4の数的有利となり、GKバルデスも対処しやすくなるわけです」

【次ページ】 モウリーニョ時代にも見られた“引き算”の戦術。

1 2 3 NEXT
バルセロナ
ヘラルド・マルティーノ
ジョゼ・モウリーニョ

ページトップ