セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

695日ぶりのゴールで完全復活。
ロッシがセリエ得点王を独走中。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byANSA/AFLO

posted2013/10/23 10:30

695日ぶりのゴールで完全復活。ロッシがセリエ得点王を独走中。<Number Web> photograph by ANSA/AFLO

2年間の鬱憤を晴らすかのようにゴールを量産するロッシ(左)。まだ26歳、失ったものを取り戻す時間は存分にある。

 紛うことなきトップスコアラーとして、FWジュゼッペ・ロッシ(フィオレンティーナ)が還ってきた。

 開幕から8戦8発、破竹のゴールラッシュでセリエA得点王レースをリードする。

 それでも、到底満足できない。順調だったはずの彼のキャリアは、何せ2年も止まったままだったのだから。

「まだ100%のコンディションじゃない。必ず怪我する前の自分に戻ってみせる」

 右膝に残る手術痕をかばうことなく、“失われた2年”を取り戻すように、ロッシは相手ゴールへ向かう。

 米国ニュージャージーで生まれ育ったロッシは、一家揃ってイタリアへ帰国後、パルマの少年育成部門へ入団した。大器の片鱗を見せ始めると、17歳でマンチェスター・Uに引き抜かれた。プレミアリーグ初得点は18歳のときだった。

 飛躍を求めて、'07年にビジャレアルへ移籍。スペインでの4年目にシーズン32得点を記録し、ELに出場したチームの中心になった。

 南アフリカW杯後のイタリア代表でもプランデッリ新監督の信頼を勝ち取った。173cmのロッシがゴール前で発揮したアジリティは、EURO2012予選におけるアズーリの強力な武器だった。

怪我、復帰、そして再びの激痛……。

 だが、敵地でのR・マドリー戦で右膝前十字靭帯断裂の重傷を負った'11年10月26日、ロッシのキャリアは暗転する。その日以降、彼のサッカー選手としての時計の針は止まった。

 しなやかだった右膝にメスが入った。周囲に励まされ、プランデッリの「代表で待っている。EUROに行くぞ」という言葉を信じ、ロッシは6カ月に及ぶ長期のリハビリに耐えた。

 年が明けた'12年2月、サッカーを教えてくれた最初のコーチであり誰より敬愛していた父フェルナンドが長い闘病生活の末、他界した。ロッシは復帰を父の墓前に誓い、春を待ってチーム練習への合流が叶った。

 復帰を目前にした4月中旬、練習中に右膝へ火がついたように激痛が走った。復帰もEURO出場も、瞬時に消し飛んだことを悟ったロッシは、グラウンドで天を仰いだまま泣き崩れた。

【次ページ】 復帰時期も定かでないロッシに、オファーが届く。

1 2 3 NEXT
ジュゼッペ・ロッシ
フィオレンティーナ
チェーザレ・プランデッリ
ユベントス

ページトップ