濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

女子格闘技のレジェンド、藤井惠引退。
彼女が示し続けた“闘う意味”とは。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2013/10/10 10:30

女子格闘技のレジェンド、藤井惠引退。彼女が示し続けた“闘う意味”とは。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

今年39歳になる藤井は、2004年のデビューから6年間無敗の22連勝。この試合で最終戦績は29戦26勝3敗となった。

 昨年12月にケージイベントとして復活した『VTJ』は、“格闘技の首都”アメリカで活躍できる選手の輩出をスローガンにしている。米アスレチックコミッション認定のルールを採用、マッチメイクには“日本代表決定戦”とも言えるトップファイター同士の対戦や、アメリカ進出の試金石となる国際戦も多い。

 10月5日、大田区総合体育館で開催された第3回大会にも、宇野薫、所英男などビッグネームやタイトルホルダーが名を連ねた。そんなイベントでメインを務めたのが、女子MMAの“レジェンド”藤井惠だ。試合は彼女のラストマッチであり、対戦相手はジェシカ・アギラー。昨年5月、アメリカで藤井を破り、米メディア選出の女子ランキングでトップに立った選手である。

まずは美女アスリートとして注目される。

 幼少期から柔道を学び、大学卒業後はサンボ、柔術で活躍した藤井は、まず“美女格闘家”として注目された。だが2004年にMMAデビューを果たすと、キャッチフレーズは“秒殺女王”に変わる。ファーストコンタクトから“極め”を狙い、圧倒的な実力で一本勝ちの山を築いたのだ。2010年、アメリカのメジャーイベント『ベラトール』の女子トーナメント決勝で僅差の判定負けを喫するまで22連勝。そのうち判定は3つだけで、14試合が1ラウンド決着だった。

 強いから自然にそうなった、というわけではなかった。「男子と同じ目で女子格闘技を見てほしい。男も女も関係なく、一人のスポーツ選手として認めてほしい」と願い続けた藤井は、あえてリスクを背負い、インパクトを残そうとしてきたのだ。

「お手本がないので、全部空想というか『こうしたらいいんじゃないか』って自分で考えて。秒殺、できるだけ早く勝つっていうのもそうですし。簡単なことではないんですけど、それをやることで女子を知って、認めてほしかったんですよ。ただ勝つだけではスタートラインにも立てないなって。だから一本にこだわって、それだけじゃなく早く極めて。それもいろんな入り方でっていう」

【次ページ】 女子MMAパウンド・フォー・パウンドに選出。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
藤井惠
ジェシカ・アギラー
VTJ

ページトップ