Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<ソチ五輪で集大成を> 高橋大輔 「やるべきことを尽くしたその先に」 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byShino Seki

posted2013/10/15 06:00

<ソチ五輪で集大成を> 高橋大輔 「やるべきことを尽くしたその先に」<Number Web> photograph by Shino Seki
出場することが精一杯だったトリノ、大怪我を乗り越え
何とか銅メダルを手にしたバンクーバー――。
3度目の大舞台を控えたシーズンが幕を開けた。
スケート人生の集大成。目指すものはただひとつ。

 偽りのない表情が、真実味を感じさせた。

「こうやってスケートができていることは幸せだと思う」

 本当なら気を張りつめていておかしくないはずだ。なのに柔らかい空気を漂わせる。夏の間、土台作りにと厳しく取り組んでいた陸上トレーニングについて尋ねられれば、「陸で動くのは苦手なんです(笑)」

 ユーモア交じりに、軽妙に答える。

 そしてもうすぐ始まる、4年に一度しかないシーズンへの心境をこう表した。

「なすがまま、なるがまま」

 オリンピックシーズンにもかかわらず、達観しているかのようにも受け取れるその言葉は、昨シーズンの悔恨、出会い、そして競技人生への思いから形作られていた。

「けっこう、もう忘れているんですけれどね」

 断りつつ、高橋は昨シーズンを振り返る。

GPファイナル初制覇など、昨季は悪くない成績だったが。

 悪くないシーズンのはずだった。

 昨年12月のグランプリファイナルでは、7度目の出場で初めて優勝。日本男子としても史上初の快挙であった。年末の日本選手権は総合2位だったものの、フリーでは競技人生で何度あるかという圧巻の演技であらためてスケーターとしての凄みを実感させた。

 暗転したのは終盤にさしかかってからだった。年明け2月の四大陸選手権で7位にとどまると、翌月の世界選手権では6位と、ここ6シーズンで最も悪い成績に終わる。

「ちょっと焦ってしまったのかな」

 高橋は言う。

「まわりの状況に流されたところがあるかもしれません。下からの突き上げもあって国内でも勝つのが難しくなってきていて、負けられないという思いが強かった」

 羽生結弦をはじめ、日本男子の台頭が際立った昨シーズン、若い世代の成長は意識せざるを得なかった。だからなのか、大会のたびに成績へのこだわりを言葉にすることも少なくなかった。

【次ページ】 羽生らの存在によって「結果を意識しすぎていた」。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
高橋大輔
ローリー・ニコル
羽生結弦

ページトップ