Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<ユーベの闘将コンテの証言> バッジョ&デル・ピエーロ 「最後のファンタジスタ」 

text by

宮崎隆司

宮崎隆司Takashi Miyazaki

PROFILE

photograph byShinji Akagi/Kazuhito Yamada(KAZ Photography)

posted2010/12/02 08:00

背番号10。それはかつて、閃きや創造性に溢れた天才の象徴だった。
だが、戦術の移り変わりとともに、彼らの存在価値は失われていく。
'90年代に輝いたファンタジスタ2人を、背後で支えた闘将が追想する。

 ディエゴ・マラドーナがメキシコの地で世界を制した直後のシーズン、正確には1987年5月10日のこと。場所は8万強の観衆で埋め尽くされたサン・パオロ・スタジアム。ナポリが史上初めてのスクデット獲得を決めたフィオレンティーナ戦で、弱冠20歳のロベルト・バッジョは、「ナポリの王」と呼ばれたマラドーナの目の前で“名刺代わりの一発”を右足で決めた。壁の間を抜くFKは、鋭く曲がり落ちながら低い軌道でナポリゴールの右隅に吸い込まれていった。これが、後に「希代のファンタジスタ」と評されたバッジョのセリエA初ゴールである。

 一方のアレッサンドロ・デル・ピエーロは'87年当時、まだ13歳。その年を最後に現役から退くユベントスの10番、ミシェル・プラティニに憧れる少年だった。しかしこの時点で既に地元、イタリア北東部ベネト州の全域にその名を轟かせており、同じくベネト州出身の“バッジョ二世”と言われていた。

 16歳にしてセリエBパドバに辿り着くと、ユベントスで歴代最高のゴール数(178)を誇り、クラブの象徴とされていた時の首脳ジャンピエロ・ボニペルティ(現ユベントス名誉会長)を魅了し、'93年にユベントス入りを果たす。なお、この年、プラティニ以降のユベントスでエースの座に君臨していたバッジョは、UEFA杯を制す過程で6ゴールを記録するなど、華麗なプレーの連続で主役を演じ、12月にバロンドールを手にしていた。

サッキが実践した“10番”を真っ向から否定するサッカー。

 '93年、それは若きデル・ピエーロと世界の頂点に達していたバッジョという、希有な才能を持つふたりのファンタジスタが、揃ってユベントスのユニフォームを身に纏った運命的な年である。しかし、ふたりの共存が許されたのは'94-'95シーズンまでだった。その背景にはイタリアという国の特異なサッカー文化が、そして時代という抗えない流れがあったのである。

 セリエAをマラドーナがその足下に置いた'87年。時代はアリゴ・サッキという男をミラノに出現させていた。彼が実践した“プレッシング”は、'60年代のオーマル・シボリ、'70年代のジャンニ・リベラ、'80年代のジャンカルロ・アントニョーニ、ミシェル・プラティニ、マラドーナ、ジーコといった偉大なる10番の存在を、極言すれば、真っ向から否定するサッカーである。その“革命”といわれるサッキの4-4-2が時のイタリアと欧州を席巻し、これを'91年に受け継いだファビオ・カペッロのACミランもまた、強大な力を誇っていた。

コンテはユベントス時代、10年以上にもわたり中盤のリーダーとして君臨した

 そのような時代に、ふたりのファンタジスタはどう生きようとしていたのか。なぜふたりは同じチームで共に歩いていけなかったのか。この点について知るには、当時のユベントスを内部から知る男に聞く以外にない。

 そこで、'91年から13年にわたりユベントスのMFとして活躍し、キャプテンも務めたアントニオ・コンテ(現シエナ監督)に尋ねた。ハードな守りで敵のエースを潰し、味方のエースを後方から支えた闘将である。バッジョとデル・ピエーロを間近で見てきた男は、イタリアが生んだ偉大なファンタジスタふたりを次のように語った。

<次ページへ続く>

【次ページ】 イタリアではファンタジスタではなくアスリートが主役に。

1 2 NEXT
1/2ページ

ページトップ