野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

DeNA3万人、ももクロ6万人。
週末の横浜で交錯した2つの星。 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/08/14 08:01

DeNA3万人、ももクロ6万人。週末の横浜で交錯した2つの星。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

8月4日の敗戦後、ファンがスタンドでサイリウムを振るセレモニーをベンチから見つめるDeNAナイン。

 8月4日。

 横浜の地に無数の星が煌めいた。

 横浜市港北区小机、日産スタジアムでは、ももいろクローバーZの夏のライブ「ももクロ夏のバカ騒ぎWORLD SUMMER DIVE」で6万人。

 そこから約10km離れた、横浜市中区の横浜スタジアムでは、ベイスターズがvs.中日ドラゴンズ3連戦を、夏の定例イベント「YOKOHAMA STAR☆NIGHT2013」として開催。来場者にユニフォームを配布したことも手伝って、最終日となったこの日は、過去最高の入場者数3万39人を集めたという。

 この2つの場所に集まったお客さんは合計9万人。各々がペンライトなりを持参するモノノフ(ももクロファンはこう呼ばれる)はいわずもがな、この日は横浜スタジアムでも入場者に青のサイリウム(ケミカルライト)が無料配布された。となれば、空から見た横浜は、時間差こそあれ約9万もの美しい光が灯っていたことになる。

 さらに、両方のイベントが終わった午後10時過ぎの横浜周辺なんてものは、5色のモノノフさんと、真っ青なベノノフさんが入り混じる、それはそれは色鮮やかな光景が広がったそうだ。

 ……そんな話を、両方に行ったそれぞれ友人から聞きました。

 そんな夏の一大イベントの一日。筆者はチケットが取れず家でフテ寝をするしかなかったのです。

 というわけで、両方とも現地で見ていないので少しばかり間違いはあるやもしれないが、この横浜で行われた2つのビッグイベントを呪詛の言葉と共に軽く振り返ってみる。

日産では「しおりーん!」、ハマスタでは「加賀美……」。

 前半戦。

 日産。2日前にハマスタでも登場した布袋寅泰が、オープニングの国歌演奏で登場。続けて1曲目の『PUSH』、2曲目『サラバ、愛しき悲しみたちよ』を演奏。さらに通常編成で『仮想ディストピア』、『DNA狂詩曲』と続く。

 一方のハマスタ。先発の三嶋がオープニングで森野に2ランを献上。初回から友利コーチにマウンドでPUSHされそうな立ち上がりに、『今日はダメな日だ……』とブルペンは大忙しになったことは容易に想像でき、苦しい投手事情に、真田……いればと悲しくなる下層ディス投手陣のDeNA妄想曲は続く。

 中盤戦。日産では『宙飛ぶ!お座敷列車』『ゲッダーン!』『上球物語』など2ndアルバム曲が続く。『Z女戦争』では「し、し、し、しおりーん!」と6万人が絶叫。そのうち松崎しげるが登場し、冬のライブは極寒の西武ドームで開催されることが発表された。

 ハマスタ。なんとか同点に追いつくも、空飛ぶおざなり投手で、三嶋がまたヒッダーンして降板。さらに3番手が1回3分の0で5失点の大炎上で「か、か、か、加賀美……」と震えが止まらなくなる。こんなんじゃ西武ドームなど夢のまた夢と、昔日に思いを馳せる絶滅危惧種のWe are 大洋人。

【次ページ】 DeNA初、YOKOHAMAと書かれたユニフォーム。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
横浜DeNAベイスターズ
加賀美希昇
中畑清
石川雄洋

ページトップ