SCORE CARDBACK NUMBER

ボクシングで実現した、
力道山の夢見たロマン。
~重量級養成、半世紀の時を超え~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/08/17 08:00

ボクシングで実現した、力道山の夢見たロマン。~重量級養成、半世紀の時を超え~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

 かつて力道山が思い描いた“格闘ロマン”が、曲がりなりにも現実のものとなった。

 7月25日、東京・後楽園ホールで行なわれたプロボクシングの日本ヘビー級王座決定戦のことだ。ヘビー級1位の藤本京太郎と同級2位オケロ・ピーターの試合は、元K-1戦士の京太郎が6回2分59秒(TKO)で相手を下し、56年ぶり2代目のヘビー級王者となった。

 ファイティング原田、海老原博幸、青木勝利の“軽量級三羽烏”ボクシング黄金期の担当記者でもあった筆者には感慨深い出来事である。

「ボクシングもヘビー級でなければダメだ」

 日本プロレスのボス・力道山の号令一下、プロボクシングにおける重量級選手養成を目指す「リキ・ボクシング倶楽部」が発足したのは1961年。異業種からのボクシング参入として話題を呼んだ。

 '61年5月~6月、日本プロレス第3回ワールド大リーグ戦を成功させた力道山は、同年7月30日に東京・渋谷区大和田町に「リキ・スポーツ・パレス」を完成させ、プロレス&ボクシングの常設会場として大々的な興行に打って出た。

2年で頓挫も、リキ・ボクシング倶楽部が残した大きな功績。

 プロレスと娯楽の殿堂リキ・パレスの地下1階にリキ・ジム(力道山道場)が置かれ、基本的に午前中から午後3時頃までがプロレス、夕方からはボクシングの時間とされ、それぞれトレーニングと選手育成にあたった。

 リキ・ボクシング倶楽部はエディ・タウンゼントを専任コーチ、元世界フェザー級王者サンディ・サドラーをトレーナーに招き、当時のボクシング界に新風を送り込んだ。しかし、'63年12月、力道山の急死によって志半ばで頓挫してしまう。とはいえ、世界ジュニアウエルター級王者・藤猛(米国)、東洋ジュニアミドル級王者・溝口宗男らを輩出したことは忘れ難い功績である。

 力道山の死から50年後、京太郎が新王者となった日本のヘビー級だが、ランキングボクサーは4選手のみ。ファイト内容や層の薄さなど課題は山積みであるものの、タイトル・マッチを開催したことに意義がある。日本ボクシングコミッション(JBC)の関係者にお願いしたいのは、力道山の積年の夢を一夜限りで終わらせないでほしいということだ。

関連コラム

関連キーワード
力道山
藤本京太郎
オケロ・ピーター

ページトップ