ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

モデル、高額チケット、ネット配信……。
個性豊かな女子ゴルフ界の試み。 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS/AFLO

posted2013/08/01 10:30

モデル、高額チケット、ネット配信……。個性豊かな女子ゴルフ界の試み。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS/AFLO

サマンサタバサ・レディースでは、ホールアウト後にイベントを開催。所属の(左から)堀奈津佳、山村彩恵、香妻琴乃らもイベントを楽しんだ。

 スラリと伸びた手足に、こちらが思わずとろけてしまいそうな甘い微笑み。雑誌やテレビの向こうにいるファッションモデルたちは、舞台を緑の芝生に変えてもキラキラと輝いていた。火花がバチバチ散る激しいプロツアーの戦いもいいけれど、たまにはこんな異空間に心は躍るもの。7月、今年で2度目の開催となった国内女子ツアー、サマンサタバサガールズコレクション・レディーストーナメントは今年も既存のトーナメントとは、一線を画した会場であった。

 若い女性に人気のファッションブランドとして有名なサマンサタバサが、ゴルフ界に本格的に進出したのは昨年のこと。堀奈津佳ら若手女子プロを所属に抱え、ウエアを中心に市場に参入。同時に新たなトーナメントを設立、主催することになった。

 会場では多くの男女モデルがコースでブランドをアピールする。ラウンドが終了するや、トークショーやコンサートが派手に行われ、お笑い芸人の生ライブも開催された。最終日の表彰式には、昨年と同様“エビちゃん”こと蛯原友里が登場。さっきまでプレーしていた選手が、スマホ片手にのぞきに来る、なんてことが珍しくない。なんとも異色な試合なのである。

トイレが汚かったら2度と来てもらえない。

 これまでゴルフに関心のなかった人々をゴルフコースへ引き込む。また、既存のゴルフファンに向けて、ブランドの認知度を上げていく。その目標に向けて、同社がこのトーナメントで重視したのが、女性層へのアピールである。

 大会事務局長を務める同社の畠山恩(めぐみ)さんは、プロジェクトのリーダー役に任命されてから、ギャラリーの一人として多くの試合を観戦した。そして女性だからこそ気づいたことが多くあったという。

「彼氏や旦那さんに連れられて、初めて試合を見に来た女性に、プロのプレーのすごさがどこまで伝わるか分からない。そうすると、食事やそれ以外のことで長い時間を過ごすことも多いと思うんです。でももし仮に、トイレが汚かったら……。『ゴルフ場って、なんか汚い』と思われたら2度と来て下さらない」

 同大会の男性用簡易トイレは、他のツアーと変わらない緑色のビニールシートに囲まれたシンプルな作り。だが女性用トイレは白地の仕切に、ピンクのクマのマスコット(アイミーちゃんっていうそうだ)が描かれている。パウダールームには6枚の鏡も貼られている。「うちの試合は7月ですから、汗をかいても化粧直しや日焼け止めを塗ったりできるように配慮しました。女性は大変なんですよ」。さらに授乳室も設け、子連れでの観戦もできるようにした。

【次ページ】 スタッフの育成より大変な“男社会”への進出。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ

ページトップ