自転車ツーキニストのTOKYOルート24BACK NUMBER

自転車女子やカップルも増えた!
ブームを実感「東京アースライド」 

text by

疋田智

疋田智Satoshi Hikita

PROFILE

photograph bySatoshi Hikita

posted2010/10/23 08:00

自転車女子やカップルも増えた!ブームを実感「東京アースライド」<Number Web> photograph by Satoshi Hikita

 今回のTOKYOルート24、東京をめぐるにはめぐるんだが、いつもと違って「東京アースライド」ってイベントのお話。

 名前の通り「自転車に乗って地球を救おう、CO2を減らそう」という、ま、昨今の流行りというべきか、いわゆるひとつの「エコ・イベント」だ。

 あ、エコ、嫌いすか?

 なに、あのシャラ臭さがやだ? ま、そこはひとつ食わず嫌いせずに(笑)。このイベント、あり方やシステムが通常と違って、なかなか斬新でイカしてるんだから。

制限時間なし。コースは自由。都内の6カ所を回るだけ。

 もちろん「自転車に乗るイベント」である。ただ、必ずしも皆で一緒に走ろうというわけではない。都内6箇所に設けられたチェックポイントを各々めぐり、スタンプを集めて、最後だけ同じお台場潮風公園に集結しよう、という趣旨。チェックポイントは、どういう順番でめぐってもいい。

 ロードでも、MTBでも、クロスバイクでも、もちろんママチャリでも参加OKだ。まったくヘヴィなコースじゃないから、どんな車種だって普通に参加できる。コースも自由、車種も自由。コレはなかなかうまいやり方だと思うんだよ。

 というのは、これだけたくさんの人を集めて、自転車イベントを行うとなると、一番タマラナイのが「コースの設定」であり「各人のスピード差(結局一番遅い人にスピードを合わせざるを得ない)」であり「そのコースを走る警察の許可と誘導」だからだ。しかも東京都心。各方面との軋轢はありまくる。

 ところが、今回のシステムの場合、具体的な設置は6つのチェックポイントのみ。ゴールの時間だけを設定し、あとはどのコースを辿ろうが、各人の自由、自己責任に委ねられる。

 集団で走るわけではないから(各人が必然的にばらける)、特段、交通規制の必要もない。車道左を走り、交通法規を守る、という当たり前のことをするだけで、イベントが成立する。

 これはかなりアリだぞ。このイベントには大きな自由性とフレキシビリティがある。

愛犬も背中のバッグで一緒に走る。

 というわけで、私のスタート地点は神宮外苑・絵画館前とした。フジテレビのドラマなどでチョー有名な、イチョウ並木のあそこでありますな。

 当日は体育の日、写真を見れば分かるけど、いやー、異様なほどの秋晴れ大快晴でね。ようやく明けた“記録的な猛暑”の後、気のせいか参加者も表情が明るい。

 おや、背中の専用カバンに犬を入れて自転車に乗ってる人もいる。

「犬、落ちないんですか?」「大丈夫。彼も慣れてますから。落ちそうになったら、自分で踏ん張ってくれてます」 犬にとっては愉しみなのか、はたまた大迷惑か。いや、ご主人様の背中で自転車。きっと愉しいのだ。

【次ページ】 「半日で乗れるようになる」幼児向け自転車教室も開催。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/6ページ

ページトップ