オフサイド・トリップBACK NUMBER

欧州組の評価で韓国に抜かれた日本。
香川や本田は“第二のヒデ”になれ! 

text by

田邊雅之

田邊雅之Masayuki Tanabe

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2010/10/10 08:00

欧州組の評価で韓国に抜かれた日本。香川や本田は“第二のヒデ”になれ!<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

5月24日の日韓戦で2-0と完勝した韓国。試合後、主将のパク・チソンは「昔と比べて日本代表は弱くなっている」とコメントを残した

 “Are you from Korea?” (あんた韓国から来たの?)

 マンチェスターやリバプールの街中をぶらぶら歩いていると、地元のサッカーファンから、こんなふうによく質問される。

 “No, I'm from Japan” (違う、日本人だよ)

 こちらは何食わぬ顔で答えるが、正直、あまりいい気持ちはしない。プレミアリーグの現実を思い知らされるからだ。

 たしかに過去には、日本人もプレミアリーグでプレーしていた。稲本潤一はフラムやWBAで一定の評価を得ていたし、中田英寿や西澤明訓がボルトンに在籍していたこともある。「日本のロイ・キーン」こと戸田和幸は、トットナムに移籍した際に、本家本元のロイ・キーンに挑戦状まで叩きつけた。

 だが最近は、やはり“Are you from Korea?”と尋ねられるケースの方が圧倒的に多くなった。マンUのパク・チソンを筆頭に、ボルトンのゲームメーカーとして高い評価を得ているイ・チョンヨン、そしてソル・ギヒョン(かつてレディングやフラムに在籍)等々、頭数だけではなく実績においても、韓国人選手は日本人選手を上回ってきたためである。

完全に逆転した、欧州リーグにおける日韓選手の存在感。

 とはいえ、このような状況は昔から続いていたわけではない。AFC(アジアサッカー連盟)の機関誌で編集長を務めたこともあり、アジア全般のサッカー事情に詳しいジャーナリストのマイケル・チャーチ氏は、次のように断言する。

「今から10年ぐらい前、21世紀に入ったばかりの頃は、欧州でも日本人選手が上り調子だった。中田英寿はセリエAで成功を収めていたし、小野伸二はフェイエノールトでUEFAカップ優勝の原動力にもなっている。他には高原直泰や稲本潤一も欧州のクラブから引き合いが多かった。セルティックにいた中村俊輔が、4年前に欧州CLのマンU戦でフリーキックを決めたこともヨーロッパの人たちは覚えていると思う。

 しかし少なくともこの2年間ぐらいは、完全に力関係が逆転してしまった。日本と韓国はW杯南ア大会での成績も互角だったし、日本はFIFAランキングで韓国よりも上位につけている。でも『欧州組』の存在感に関していえば、韓国勢が日本人選手を完全に抜いてしまったのは間違いない」

【次ページ】 あまりにも長く続いている“第二のヒデ”の不在。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
パク・チソン
中田英寿

ページトップ