スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

オールスターと若手の洪水。
~メジャー球宴はこの大器に期待~ 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/07/14 08:01

オールスターと若手の洪水。~メジャー球宴はこの大器に期待~<Number Web> photograph by Getty Images

打率も7月10日現在、リーグ6位の.318をマーク。飛躍のシーズンを送るマチャド。

 2013年オールスターの出場選手が決まった。7月11日の午後4時(米国東部時間)に最終ファン投票が締め切られ、両リーグから最後のひとりが選ばれたのだ。ナ・リーグではフレディ・フリーマン(一塁手、ブレーヴス)。ア・リーグではスティーヴ・デラバー(救援投手、ブルージェイズ)。これはちょっと意外な結果だった。私はヤシエル・プイグとホアキン・ベノアが有力と思っていたのだが。

 となると、両リーグの陣容をあらためて見直したくなる。

 いまさらながら痛感するのは、選出選手数の増加だ。

 1933年、第1回のオールスターが開催されたとき、ナ・リーグ、ア・リーグともに選出選手はわずか18人ずつだった。

 もちろん、当時は球団数も少ない。各リーグ8球団ずつだったわけだから、現行の34人ずつ/30球団という数字は、比率からいうとさほど変わっているわけではない。

 '69年にリーグ拡張が行われたとき、選出人数は28人に増加した。'98年のエクスパンションで球団数が30になった段階では、選出選手数も30の大台に乗せている。34人になったのは、2010年以降のことだ。

21歳以下の若手が4人も選出された球宴は史上初めて。

 今季の特徴は、ビッグネームの欠場が多く、遅咲きの実力派と新鋭の進出が目立つことだろうか。マット・カーペンターをはじめとする遅咲き選手の台頭については前に述べたので、今回は若手の進出に照明を当ててみたい。

 ファン投票で選ばれたプレイヤーのうち、最年少は、20歳のブライス・ハーパー(外野手、ナショナルズ)だ。ア・リーグでは21歳のマイク・トラウト(外野手、エンジェルス)が傑出している。このふたりが若手の双璧であることは、まあだれしも異存のないところだろう。

 ただ、選手間投票や監督推薦の分野にまで眼を広げると、ハーパーやトラウトに肩を並べる選手はあとふたりいる。

 マーリンズの先発投手ホゼ・フェルナンデス(20歳)とオリオールズの三塁手マニー・マチャド(21歳)だ。つまり今年は、21歳以下のオールスター選手が4人も出現したわけで、これは史上最多の数字になる(ちなみに、59年にはオーランド・セペダ、ジェリー・ウォーカー、ヴェイダ・ピンソンの3人が選出された。ただし、この年は2試合開催)。

【次ページ】 フレッシュな若手の台頭が目立つナ・リーグの勢い。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
ヤシエル・プイグ
パトリック・コービン
ジーン・セグーラ
サルバドール・ペレス
マディソン・バムガーナー
マット・ハーヴィ
クリス・セール
ポール・ゴールドシュミット
クレイグ・キンブレル
アロルディス・チャップマン
ドモニク・ブラウン
ジェフ・ロック
ホゼ・フェルナンデス
マニー・マチャド
マイク・トラウト
ブライス・ハーパー
フレディ・フリーマン
スティーヴ・デラバー

ページトップ