私とDo 特別編BACK NUMBER

<生活習慣を見直そう> 入浴で太らない 「40℃のお湯に20分で、一挙三得の効能あり」 

text by

梅森妙

梅森妙Tae Umemori

PROFILE

photograph byMiki Fukano

posted2013/07/01 06:00

<生活習慣を見直そう> 入浴で太らない 「40℃のお湯に20分で、一挙三得の効能あり」<Number Web> photograph by Miki Fukano
湯船に浸かるのは面倒だし、シャワーでいいや――。
そんな意識を変える、入浴と「太らない」の関係性を、
入浴剤を開発した会社の“お風呂博士”に聞いた。

好評発売中のNumber Do『太らない生活 2013~健康と軽い体を
手に入れよう~』
では、「生活習慣の見直し」に着目してダイエットを考察。
今回はお風呂に浸かることでの効果を、特別に全文公開します!

 これから暑くなり汗をかく季節。ついシャワーで済ませてしまいがちだが、やはり毎日しっかりとバスタブに浸かったほうがいいのだろうか?

 入浴習慣を変え、生活リズムを整えたことで、20kg近くやせたというバスクリン広報の石川泰弘さんにお話を伺った。

お湯につかると代謝がアップして脂肪燃焼しやすいカラダに。

 石川さんによると、入浴の3大効果は「温熱による自律神経のコントロール」、「浮力によるリラクゼーション」、「水圧による血流促進」だという。

「40℃(夏は39℃)より熱いお湯に入ると交感神経優位、つまり体がアクセルを踏んでいる状態になり、逆に39℃くらい(冬は40℃)のぬるめのお湯に入ると副交感神経優位、いわゆる体がリラックスする状態になります。温泉や銭湯で大きい湯船につかると、浮力によるリラックス効果も高まるのでうまく使ってください。また、お湯に浸かると横隔膜が上がり肺活量が9%落ちるため、酸素を摂り入れようと血流が増えて代謝もアップ。さらに血液は温まると、体内により多くの酸素を運んでくれる。これらが脂肪燃焼しやすいカラダへのスイッチになるのです」

 そう解説してくれる石川さん、シャープな印象で、過去にメタボ体質だったなんてまったく信じられない。

「40℃で20分」入浴で、睡眠の質が上がって寝起きがさわやか。

「私自身はお風呂にきちんと入ることで、生活のリズムが整ったのが大きかったですね。お風呂に入ると体温が上がり、その後、体の表面から熱が放出され、体温がスムーズに下がることで眠気がやってくる。これで良質な睡眠がとれ、疲れもとれます。額からうっすら汗が出てきたら体が温まったサインですね。7~8年前から、どんなに遅く帰ってもお風呂だけは入るようにしてます」

 私も忙しいと、朝のシャワーだけで済ませてなんとなく疲れが取れないと感じていたが、石川さんの実体験に説得され、湯温計を持ち込んで、ダイエットに効果のあるという「40℃で20分」入浴することにした。なんと、これが効果抜群。カラダが温まるのはもちろんのこと、睡眠の質がグッと上がって熟睡でき、寝起きもシャッキリさわやかなのだ。

 具体的に入浴が「太らない」にどうやって結びついていくのか、いくつかの観点から解説をしてもらった。

【次ページ】 半身浴、全身浴だけでダイエットになるほど甘くない。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
私とカラダづくり

ページトップ