野球善哉BACK NUMBER

マウンドに立つ背番号「90」と「70」。
楽天・宮川、ヤクルト・八木の再出発。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2013/06/19 12:40

マウンドに立つ背番号「90」と「70」。楽天・宮川、ヤクルト・八木の再出発。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

二軍時代からのファンも多い八木。好投が報われず完封負けを喫することも多いが「味方が0点の時は、自分も0点に抑えなければいけないんです」とコメントしている。

 プロ野球選手が身にまとう背番号は大きな意味を持っている。

 投手にとっての「18」は、まさにエースの称号だし、「11」や「19」、「34」も投手が付ける背番号としてある程度認知されている。イチローや松井秀喜の登場以降、野手の概念は投手とは少し異なる部分はあるが、それでも「1」や「3」、「7」などひと桁の番号を背負うことは、チーム内での立ち位置を指し示している。また、あるいは、そうした背番号を球団が期待を込めてつけさせるケースも往々にしてある。

 こんなはずじゃなかった――。

 2013年のゴールデンルーキー、阪神・藤浪晋太郎や日本ハム・大谷翔平が開幕から躍動する姿を見るにつけ、およそプレイヤーとは思えぬ背番号を身にまとう彼らのことを思い出した。

 楽天の背番号「90」宮川将とヤクルトの背番号「70」八木亮祐である。

 その背番号の大きさが彼らの置かれた状況を示している。

 ルーキーの宮川は今年6月2日に支配下登録された育成枠出身の選手だ。入団時の背番号「121」に比べると、いささか軽くなったとはいえ、「まだ支配下登録されただけなので、やっとスタートラインに立てたという感じです」とその言葉に安堵感はない。

もしかしたら……高卒プロ入りなら人生は違ったかもしれない。

 小学2年で野球を始めた宮川が世間に騒がれるようになったのは、大体大浪商高2年秋のころだった。大阪府秋の大会準々決勝の近大付戦で9回二死までノーヒット・ノーランのピッチングを見せ、一躍注目を浴びた。ちなみに、その近大付は翌年夏、南大阪代表として甲子園に出場している。

 常時140キロを計測するストレートと縦に鋭く変化するスライダーは、大阪屈指の好投手として騒がれた。高校卒業時にプロ志望届を出していれば、彼にとっての成功の階段は別なものになっていたかもしれない。宮川は、当時をこう振り返る。

「高校卒業時にプロも考えました。でも、高校では甲子園に行けなかったので、自分には力がないと思った」

【次ページ】 大学進学した途端、関西の大学リーグを席巻した宮川。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
東北楽天ゴールデンイーグルス
宮川将
八木亮祐
東京ヤクルトスワローズ
松葉貴大
藤浪晋太郎
阪神タイガース

ページトップ